パルデナフィル以外のED改善方法

バイアグラやレビトラ、シリアスなどの勃起改善薬を使わずに、EDの状態からなんとか脱出したいと考えている方は少なくないでしょう。

いくつか方法がありますので紹介します。
まずは、注射。これはED薬を飲んでも効果がないときに行われる治療です。陰茎に対し、アルプロスタジルというパルデナフィルほかED系の経口薬と同じ効果がある薬剤を注射して、勃起状態を維持します。最初は医師に注射してもらうのですが、医師の指導を受け、家でも自分で注射を打ち、利用することもできます。

次に紹介するのは直接利用する薬です。塗布する物ではなく、座薬のように尿道に挿入して使います。成分は注射で利用するものと同じです。ただ、性行為の時にタイミングを見計らって薬剤を挿入する必要があるため、相手に知られずに行うのは至難の業です。

注射や薬品では解決しない場合、次に行う改善方法として、陰茎に圧力を加え、血流を増進させて勃起状態を作り出す、体外陰圧式勃起補助具を利用する方法です。それほど高くない価格で保健用品店などで手に入り、自分で使うことが可能です。補助リングを合わせて利用すれば、勃起状態をさらに長い時間維持できます。ただ、30分以上の装着は、陰茎にダメージを与えてしまいますので、感覚がなくなった、あるいは冷たい感じがするときはすぐに装着をやめます。

体外陰圧式勃起補助具でも解決しない場合、陰茎を人工的な勃起状態にするための器具を利用するしかありません。
陰茎用インプラントといって、膨張式あるいは半固定可鍛性のプロステーシスを利用します。陰嚢内に設置された水圧ポンプを使って陰茎内にあるシリンダーを膨らませ、勃起状態を作りだすのは膨張式プロステーシス。ポンプを使わずに、柔軟性の劣るプロステーシスを移植して性行時に手で成形して利用するのが後者です。いずれも手術によって陰茎にプロステーシスを埋め込むので、自発的な勃起機能の回復見込みのないときに利用する方法と言えます。