シアリスとの併用を特に注意すべき薬剤の種類

シアリスには、併用禁忌とまでいかなくとも特に注意すべき薬剤がいくつかあります。シアリスの主成分であるタダラフィルは、肝臓でおもに代謝されますが、肝臓にはCYP3A4というタダラフィルの代謝に不可欠な酵素が存在します。したがって、この酵素を阻害したり誘導したりする作用のある薬剤を服用している人は、特に注意が必要です。

CYP3A4という酵素を阻害する薬剤とシアリスを併用すると、成分の血中濃度が上昇し、薬の効果が強く出過ぎたり、代謝が十分に行えずに成分が体内に残り副作用が出やすくなったりといったことが考えられます。逆にCYP3A4を誘導する薬剤の場合、代謝が速くなって薬の効果が出なかったり、効果が出ても作用する時間が短くなったりすることがあります。また、血管を拡張する作用のあるシアリスですから、降圧剤を一緒に服用すると、血圧が下がり過ぎる危険性があります。併用を注意すべき具体的な薬剤については、以下に詳細を記します。

まず、ケトコナゾールなどのCYP3A4 阻害剤があります。シアリスとの併用により、タダラフィルの血漿中濃度が急激に上昇する恐れがあるので、服用量や服用の間隔には十分な考慮が必要です。また、リトナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤も注意です。これも、シアリスとの併用で、タダラフィルの血漿中濃度が急激に上昇する可能性があります。逆に誘導剤では、リファンピシンなどのCYP3A4誘導剤などをシアリスと併用すると、タダラフィルの血漿中濃度が急激に低下する可能性があります。

α遮断剤にも注意が必要です。α遮断剤のなかでも薬剤の種類によって、シアリスとの併用で血圧に及ぶ影響の程度が異なります。血圧降下や失神などの症状が出たという報告もあるので、α遮断剤の種類を医師に確認し、シアリスとの併用が可能か相談することは必須です。

急性心不全の治療薬であるカルペリチドも併用注意の薬剤です。この薬剤には血管を弛緩させる作用がありますが、シアリスにも同じく血管弛緩作用があります。相互作用に関する十分な臨床データはないものの、併用によって血圧が急激に下がる危険性はあるので注意は欠かせません。