バイアグラの個人輸入での注意

バイアグラは、誰でも知っている有名なED治療薬です。日本では1999年から処方されるようになりました。国内で厚生労働省の認可が下りているのは2種類となっており、25mgと50mgのものです。海外では100mgまで認可が下りています。100mgのバイアグラを入手する合法的な方法として、海外の業者から個人輸入するという手段があります。日本では認可の下りていない100mgのバイアグラも、海外から購入する分には違法ではありません。

また、日本ではバイアグラは医師の処方箋なしで販売してはならないことになっています。そのため、バイアグラを処方してもらうにはお金がかかります。日本でのバイアグラ50mgは1錠1500円から2000円程度が相場です。有効成分が倍である100mgのバイアグラは3000円から4000円ほどの価値があることになりますが、個人輸入の販売サイトでは1500円程度から取引されています。海外からの輸入では、日本の商習慣が通じなかったり、そもそも日本語で対応してもらえることがなかったりするなどの不便がありますが、専門的にこうした個人輸入を代行してくれる業者もあります。

こうした個人輸入で気をつけなければならないのは、偽物が多く出回っているということです。医療機関を通さず不正規なルートで入手したバイアグラには偽造品の可能性が高く、様々な健康被害が出ていることが報告されています。偽造バイアグラは、世界の様々な場所で作られているのが現状で、世界の60を超える国々で発見されており、その中には日本も含まれています。製造現場は不衛生で、品質管理もされていないことが多くあります。アメリカ経由で日本に偽造品が輸入される事例も報告されています。また、日本を除く海外では100mgまでの認可が下りていますが、こうした偽造バイアグラには300mgという有り得ない配合をうたったものが多くあります。見た目は青い平行四辺形をしている錠剤であっても、中身はまったく有効成分を含んでおらず、むしろ健康を害するような成分が含まれているケースが多くあります。個人輸入には注意しましょう。