バイアグラは偶然見つかった

バイアグラの成分であるシルデナフィルは1990年代にはすでに開発されていましが、その当時は狭心症のための薬として開発されてたものでした。大規模な臨床試験が繰り返し行われましたが、狭心症の薬としての効果は期待したほどではなく、試験を中止しようとしたところ、被験者が薬を返還したがらないという現象が起こります。不思議に思った製薬会社が被験者に聞いたところ、勃起効果のあることが発覚しました。1998年にアメリカから世界初のED治療薬として販売されました。当初は夢の薬として大きな騒ぎとなっています。

日本はこういった新薬に対して慎重な傾向があります。アメリカでバイアグラは発売されて世界的な話題となり、バイアグラを現地で購入する人や、個人輸入で買い付けする人が増えました。そのなかには、バイアグラとの併用禁忌であるニトログリセリンで治療をしている人などもいたため、死亡事故も発生しました。そのため、バイアグラは日本では異例の速さで承認され、1999年には医師の処方のもと販売されるべき薬として発売が開始されました。反対の多かった事例として、性が乱れることを指摘する団体も多くいたことから、現在でも日本において承認されているバイアグラは25mgと50mgの2種類のみで、100mg配合のバイアグラに関しては海外から個人輸入するしかないという現状があります。

その後ED治療薬としてレビトラやシアリスなどが開発・販売されています。この2つの薬は20mgが販売されていますが、この有効成分の分量でバイアグラの100mgに相当する効果があります。そのため、バイアグラで同じ効果を得るためには、100mgを海外で手に入れるか、日本の病院で50mgを2錠処方してもらうかのどちらかしかありません。コスト面で見ると、バイアグラの処方は若干高めになる傾向があります。近年ではアバナフィルというED治療薬も登場し、これはバイアグラの100mgを遥かにしのぐ効果があります。バイアグラは、日本の医療品の個人輸入の流れを促進したとも言われています。