EDの原因を正確に理解してレビトラ治療を受ける!

性行為中に必要十分な勃起力をキープするには、下半身に十分な量の血液を集中する必要があります。また陰部海綿体に集まった血液の流出を鈍らせて、性的刺激を敏感に察知するための神経が正常に機能している必要もあるのです。この機能を阻害する原因として、一つには動脈が委縮したり老化・損傷して血流量が減少する障害があります。アテローム動脈硬化や糖尿病、高血圧に高コレステロール血症などは血管の機能を低下させる大敵として良く知られています。

また陰茎につながっている神経系が損なわれると、それが原因で勃起障害が起こります。例えば骨盤内や腹部の手術をした時に誤ってその神経を損傷させてしまう事、それから放射線治療や脊髄の病気、糖尿病、多発性硬化症、末梢神経の障害でEDになってしまうケースが少なくありません。他にも喫煙やアルコール、その他に化学薬品や食品添加物の蓄積も神経系の機能を阻害する原因になります。これは現代の若者がEDに成り易い原因の大きな部分を占めているのです。

またホルモンの乱れによって、テストステロン値が異常に低くなってしまし、それが原因でEDになることがあります。ホルモンを乱すのは疲労やストレス、それに性行為に対する過度の不安も要因になります。この精神的な問題は、勃起力に大きく作用して、中折れレベルのEDはほとんど、この心因性だと言えるでしょう。これはパートナーが変わったり、職場の人間関係の困難さ、新しいストレスの発生でも勃起障害の一因になるのです。そのような症状はレビトラなどのED治療薬で解消する事が可能です。レビトラは生態反応による勃起作用を起こしますので、性機能の物理的障害でない限りは、ほぼ確実に効果を表します。この薬の力を借りて複数回の性行為を成功させるば、心因性の問題を払しょくできるのです。いわゆる条件反射的に、服用後に性的刺激を受けるだけで勃起するので、実に頼りになる薬だと言えるでしょう。