バイアグラとレビトラとシアリスの相違点をチェック

ED治療薬にはバイアグラとレビトラとシアリスの3種類があります。すべて血管拡張作用をもって十分な勃起を可能にしてくれる医薬品ですが、それぞれに効き目や副作用の面で違いがあります。まず大きな相違には有効成分の違いがあります。バイアグラは有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩を含み、直接ED治療に関わる成分にシルデナフィルがふくまれています。レビトラは有効成分にバルデナフィルが含有されていて、シアリスにはタダラフィルが含有されています。

共通点は、バイアグラ・レビトラ・シアリスともに性的刺激による勃起をサポ―トする補助薬ということです。ですから服用で即勃起させる効果はありません。ではサポートの仕方はどうなっているのかと言いますと、3つ共に血管拡張作用をアップさせるアプローチをしています。局部への血流をアップさせて充血率を高める効果があります。ですから副作用として顔のほてりや動悸を伴うのです。服用で頭痛を起こす方は頭痛薬との併用を進められる事もあります。

相違点として著しい点は、作用時間の違いです。バイアグラ・レビトラは作用時間が4~5時間なのに対して、シアリスは30~36時間も効き目が持続します。このためにゆっくりとデートを楽しみたい方や、慌てずに性交渉へ入りたいナーバスな方には適しているでしょう。他の相違点として、バイアグラやシアリスよりもレビトラの方が粒が小さいという事があります。要するに飲みやすいタブレットなのです。これでレビトラを選ぶ方もいるでしょう。

また副作用の発症率はバイアグラはやや高めで、レビトラ・シアリスは大人し目と言えるかもしれません。よくある副作用としては、顔のほてりや頭痛、動悸などの軽いモノから、関節痛や勃起機能の喪失、陰茎組織損傷、持続勃起症などが心配されます。また併用してはいけない薬もそれぞれにありますので、使用上の注意はしっかりとチェックしなければいけません。