2016年2月

専門クリニックのレビトラによるED治療法

専門のクリニックでレビトラによるED治療を受ける場合は、以下の様な手順にて治療が行われます。まず来院をすると、カウンセリングから診察が始まります。そして簡単な血圧検査を行い、処方までには20分程度で済んでしまうでしょう。もちろん専門医師からは治療法について詳しく説明がなされます。またアレルギーなどの適応チェックもします。それで問題がなければED治療薬を処方されます。レビトラは1錠単位からの処方が可能ですので、ちょっと試してみたい方でも1錠だけもらう事が可能です。不安がある場合はそれで様子を見ると良いかもしれません。ED治療薬の処方に関しては、2016年現在でも日本医療機関において保険診療対象外になっています。自由診療になり料金は全額自己負担になります。

またED治療における精神安定剤の処方を受ける場合があります。緊張が原因の心因性EDの方は精神安定剤との併用を進められるのです。20代・30代のED患者のほとんどが心因性ですので、これは効果的な処方と言えるでしょう。精神安定剤は保険適用薬で1錠100円前後で服用できます。服用に関してはレビトラ1錠につき安定剤が1錠です。もちろんご本にの症状や利用状況などを考えてバイアグラやシアリスの選択もなされるでしょう。それぞれの特長に応じた選択は医師との相談でしっかりと行ってください。

そこで選ぶ際の基準として、3種類の違いをある程度理解しておくのは賢明です。正しい情報を事前に集めておきましょう。基本的には初診段階ではレビトラ5mgか10mg、あるいはバイアグラ25mgあたりから様子を見ます。シアリスはやや大人しめの副作用で効果持続が長い特徴がありますので、ゆっくりと性交渉に入るタイプの方には効果的です。そして先のものでは満足のいく効果がない方には、レビトラ20mgを処方するケースもあります。この量になると副作用についても十分に注意を払う必要がありますので、医師との相談は密に行うことをおすすめします。

個人輸入でレビトラを購入する際の注意点

ED治療薬・レビトラの処方については、法的には医師の処方をもって利用する様に定められています。ですから薬剤師のいないドラッグストアやコンビニなどで市販される事はありません。基本的には医師の処方をもって、薬局より出してもらう事になっている点を理解しておきましょう。ただし、これは国内用に扱いが認可されている薬品にのみ適応される法律で、海外のバイヤーを通して個人輸入する場合は適応されません。その為にネットの代理店を通して、個人の責任で購入をする方も決して少なくはないのです。

ただし個人輸入でレビトラを購入する際には注意点があります。それは偽造品の問題です。2016年現在で出回っているモノの60%近くが偽造品だとも言われています。偽造品ではレビトラの含有率が極端に少ないモノや、中には全く含まれていないケースもあります。また不純物が混ぜられていて、健康被害を起こす事例も報告されています。価格帯をやや低めにして、それとなくすまし顔でネット販売がなされています。個人購入の際はくれぐれもこの点にご注意することをおすすめします。

また、個人購入で服用する際にもう一つ注意事項があります。それは服用方法についてです。基本的には5mgか10mgのタブレットになっていますので、一回の使用量は限定されるはずです。ですが、一度に2粒・3粒と多目に飲んでしまう方もいらっしゃいます。確かに効果が数段アップするでしょうが、その分体への負担は大きくなりますし、副作用の発生率を増すことになります。レビトラは強い化学薬品ですから、危険な副作用についても実際例として報告がされています。また人によっては副作用の出やすい方もいますし、併用して飲んではいけない薬もいくつかあります。ですからご利用の前には、必ず使用上の注意と危険な副作用については認識しておくことをおすすめします。そういった意味でも医師の処方は受ける方が無難かもしれません。