効果が長く持続する新しいED治療薬シアリス

アメリカの製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーが2003年に発売したED治療薬がシアリスです。日本では2007年に認可されたまだ新しいED治療薬です。先行のED治療薬であるバイアグラやレビトラと成分が異なり、効果の持続時間も大きく違います。効果はマイルドに長時間持続するので、バイアグラやレビトラの副作用であるほてりが出にくく、軽度のEDに処方されるケースが増えています。

シアリスの作用は、バイアグラやレビトラと同じく、勃起を阻害する酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを抑制します。バイアグラの主成分はシルデナフィルですが、シアリスはタダラフィルという物質を主成分としています。これらの成分の違いは、効果が続く時間と食事からの影響に認められますが、EDへの作用の仕方は同じです。

シアリスの最大の特徴は、効果が持続する時間が、先行のED治療薬よりはるかに長いということです。バイアグラで5~6時間、レビトラで5~10時間が効果の持続時間ですが、シアリスの場合、24~36時間も持続します。1錠で金曜の夜から日曜までの週末を乗り切れるところから、欧米では「ウィークエンドピル」とも呼ばれるほどです。もちろん、その間ずっと勃起し続けるわけではなく、他のED治療薬と同様、性的な高まりや刺激があってはじめて勃起への作用が表れます。

バイアグラは食事の影響を大きく受けるので、服用前は空腹でなければなりませんでしたが、シアリスの場合、食事からの影響はあまりなく、メーカーによると800kcal程度の食事なら服用前に摂っても問題ないとされています。800kcalといえば牛丼やハンバーガーよりはるかに多いカロリー数ですから、食べ過ぎでなければ食後の服用でも十分効果が期待できるということです。ただし、アルコールの摂取はほどほどにしておいた方が無難です。アルコールが直接シアリスの成分と結びついて副作用を引き起こすわけではありませんが、成分の効果を下げる原因ですし、そもそも過度に飲酒した後では健康な人でも勃起力が弱まります。シアリスを服用する場合は、以上の点を留意しましょう。

レビトラのインドジェネリック薬に対する評判

ED治療薬・レビトラのジェネリックは、現時点(2016年5月現在)で国内の認可による正規ジェネリック薬がありません。それはレビトラの特許が切れてはいないからです。レビトラは発売になってから20年の経過に届いていませんので、ジェネリック薬の製造権が発生していないのです。しかしすでにインドではレビトラと同じ有効成分のジェネリック薬、インドジェネリックが国内で正式に認可を受け、大量に製造されています。商品名としてはバリフやフィリトラ、サビトラなどがあります。

ジェネリック薬品に関して、インドは独自のスタンスで特許を扱っています。国際的には新薬の有効成分の特許権を20年としていますが、インドでは新薬が出るとすぐに合法的にジェネリック薬が作られるのです。またインドの医薬品メーカーはとても高い技術力をもち、品質の良いジェネリックが作られます。このジェネリック薬のお蔭で数えきらない程の貧しい人々が助けられてきたのは事実です。国境なき医師団もインドのジェネリック薬を使用して多くの命を救っています。

もちろん、特許を持つ医薬品メーカーからのクレームは厳しいもので、そのような圧力から2005年から国際的な特許法に準ずる方向に転換しています。ただし、特許権を有するメーカーと合法的な取引を行い、使用権を受ける事でジェネリック製造の認可を与えています。これを外国の医薬品メーカーが反対しても、インドの法律では損害賠償などの判決は一切受けられていません。そういった理由で、世界のジェネリック医薬品の20%がインドで作られていると言います。日本でも個人輸入という形でなら、インド製のジェネリック薬を購入できます。その中にレビトラジェネリックも含まれています。国際的には批判の多い薬ですが、社会背景を見る限りでは必要性が高いのも事実です。そんなジェネリック薬をどう受け止めるかは、それこそ個人の良心に任せられていると言えるでしょう。

バイアグラは偶然見つかった

バイアグラの成分であるシルデナフィルは1990年代にはすでに開発されていましが、その当時は狭心症のための薬として開発されてたものでした。大規模な臨床試験が繰り返し行われましたが、狭心症の薬としての効果は期待したほどではなく、試験を中止しようとしたところ、被験者が薬を返還したがらないという現象が起こります。不思議に思った製薬会社が被験者に聞いたところ、勃起効果のあることが発覚しました。1998年にアメリカから世界初のED治療薬として販売されました。当初は夢の薬として大きな騒ぎとなっています。

日本はこういった新薬に対して慎重な傾向があります。アメリカでバイアグラは発売されて世界的な話題となり、バイアグラを現地で購入する人や、個人輸入で買い付けする人が増えました。そのなかには、バイアグラとの併用禁忌であるニトログリセリンで治療をしている人などもいたため、死亡事故も発生しました。そのため、バイアグラは日本では異例の速さで承認され、1999年には医師の処方のもと販売されるべき薬として発売が開始されました。反対の多かった事例として、性が乱れることを指摘する団体も多くいたことから、現在でも日本において承認されているバイアグラは25mgと50mgの2種類のみで、100mg配合のバイアグラに関しては海外から個人輸入するしかないという現状があります。

その後ED治療薬としてレビトラやシアリスなどが開発・販売されています。この2つの薬は20mgが販売されていますが、この有効成分の分量でバイアグラの100mgに相当する効果があります。そのため、バイアグラで同じ効果を得るためには、100mgを海外で手に入れるか、日本の病院で50mgを2錠処方してもらうかのどちらかしかありません。コスト面で見ると、バイアグラの処方は若干高めになる傾向があります。近年ではアバナフィルというED治療薬も登場し、これはバイアグラの100mgを遥かにしのぐ効果があります。バイアグラは、日本の医療品の個人輸入の流れを促進したとも言われています。

最近になってレビトラジェネリックの注目度が急上昇!

最近では、効果的なED治療薬としてレビトラジェネリックが注目されています。この薬はレビトラの後発薬(ジェネリック)として同じレベルの効果を持ち、より安価に利用できるメリットがあります。レビトラはバイアグラの改良版で、効果の発動が早いですし、持続時間も3時間以上も長くなっています。また主成分のバルデナフィルは水に溶けやすい性質で、食事の後で服用してもそれなりの効果が期待できるメリットもあります。ですがこれまで、バイアグラの知名度には及ばない存在でした。そんな陰に隠れたレビトラにもジェネリック薬が出始めて、ここにきて新たに注目を集める事になりました。

現時点ではレビトラの10mgが1700円、20mg1錠が2,100円で購入できます。バイアグラもシアリスも1500円以上からのラインナップですので、総じてED治療薬は高額な薬だと言えるでしょう。それに比べてレビトラジェネリックはかなり安値で購入が可能になっています。たとえばジェビトラの20mg1錠は306円で購入可能です。この価格帯は庶民的な価格で、収入の低い方でも常用する事が可能なレベルにまで下がっているのです。

レビトラジェネリックの代表的な種類にジェビトラがあります。インドのサンライズ社が製造しています。またサビトラもインド最大手のジェネリック製薬会社シプラ製で、バリフはもっとも効き目が早く現れるレビトラジェネリックとして人気です。購入方法は、基本的に医師の処方をもって薬局でできます。それでは他の費用も掛かって大変だという方には、インターネット通販を利用する方法もあります。ですが初めはちゃんと専門のクリニックで診察を受けて、適性や利用上の注意点などをしっかりアドバイスしてもらう方が良いでしょう。ネットによる個人輸入は合法ですが、使用上の安全面では問題もあります。副作用などで健康を害さないためにも、できる限りの手は打つ方が賢明でしょう。