バイアグラやレビトラに比べ副作用の心配が少ないシアリス

アメリカでは2003年に販売開始、日本では2007年に認可されたばかりのED治療薬シアリスですが、調査機関のリサーチによると若干の副作用が確認されているようです。とはいっても、副作用の兆候が見られたのは被験者の3割にも満たず、それも頭痛、ほてり、消化不良などの軽いものがほとんどなので、重大な副作用がある危険な薬というわけではありません。バイアグラやレビトラにも同様の副作用が確認されていますが、シアリスよりもっと高い割合で発症しているので、シアリスはそうした先行のED治療薬と比べても、副作用の心配が少ない安全な薬と言えそうです。

シアリスによる副作用の発症率が低い理由は、効果の持続時間がバイアグラやレビトラより格段に長いことにあると考えられます。バイアグラが約5時間、レビトラが5~10時間という持続時間に対し、シアリスは24~36時間という長きにわたって効果が持続します。つまり、それだけ成分が作用するまでにかかる時間が長く、その作用も穏やかなものになるということが言えるでしょう。

このように他のED治療薬と比べても安全性の高い薬と言えるシアリスですが、服用を避けるべきケースも存在します。まず、シアリスの成分であるタダラフィルにアレルギー反応を持つ人は当然ながら服用できません。また、性行為そのものが健康を損なう恐れがある心臓系に問題がある人も避けなければなりません。そのほか、不安定狭心症の患者、半年以内に脳出血、脳梗塞、心筋梗塞を発症した人も服用できませんし、不整脈や肝障害を患っている人、高血圧や低血圧の人もシアリスの服用により健康を損なう可能性があります。

自分では程度が軽いと思っていても、シアリスの服用によって症状を悪化させる可能性は十分にあります。場合によっては、命を脅かすほどの重篤な症状が出ることも考えられるので、上記のことに当てはまる人は、まずは医師に相談し、他の治療法を探すことを強くおすすめします。

EDの原因を正確に理解してレビトラ治療を受ける!

性行為中に必要十分な勃起力をキープするには、下半身に十分な量の血液を集中する必要があります。また陰部海綿体に集まった血液の流出を鈍らせて、性的刺激を敏感に察知するための神経が正常に機能している必要もあるのです。この機能を阻害する原因として、一つには動脈が委縮したり老化・損傷して血流量が減少する障害があります。アテローム動脈硬化や糖尿病、高血圧に高コレステロール血症などは血管の機能を低下させる大敵として良く知られています。

また陰茎につながっている神経系が損なわれると、それが原因で勃起障害が起こります。例えば骨盤内や腹部の手術をした時に誤ってその神経を損傷させてしまう事、それから放射線治療や脊髄の病気、糖尿病、多発性硬化症、末梢神経の障害でEDになってしまうケースが少なくありません。他にも喫煙やアルコール、その他に化学薬品や食品添加物の蓄積も神経系の機能を阻害する原因になります。これは現代の若者がEDに成り易い原因の大きな部分を占めているのです。

またホルモンの乱れによって、テストステロン値が異常に低くなってしまし、それが原因でEDになることがあります。ホルモンを乱すのは疲労やストレス、それに性行為に対する過度の不安も要因になります。この精神的な問題は、勃起力に大きく作用して、中折れレベルのEDはほとんど、この心因性だと言えるでしょう。これはパートナーが変わったり、職場の人間関係の困難さ、新しいストレスの発生でも勃起障害の一因になるのです。そのような症状はレビトラなどのED治療薬で解消する事が可能です。レビトラは生態反応による勃起作用を起こしますので、性機能の物理的障害でない限りは、ほぼ確実に効果を表します。この薬の力を借りて複数回の性行為を成功させるば、心因性の問題を払しょくできるのです。いわゆる条件反射的に、服用後に性的刺激を受けるだけで勃起するので、実に頼りになる薬だと言えるでしょう。

バイアグラの効能

バイアグラはED治療薬として高い効果があり、世界初の勃起不全治療薬として知られています。反面、大きなセンセーションを巻き起こしただけに、様々な誤解も生んでいます。代表的な誤解として、服用すればペニスが勃起してくるとか、回春剤であるとか、精力剤の一種であるなどが挙げられます。バイアグラの本当の効能は決して精力剤ではありません。

バイアグラは、ペニスが勃起し持続するのを助けるための補助的な薬です。そのため、まずは本人が性的な興奮を得る必要があります。飲んだだけでペニスが勃起するわけではありません。本人が性的に興奮を得て、それを脳がペニスに伝えます。すると動脈を拡張させて海綿体の平滑筋をゆるめ、海綿体に血液が流入します。こうしてペニスは勃起します。バイアグラは、動脈の拡張を助け、海綿体の筋肉をゆるめる働きがあります。薬効は飲んでから、だいたい1時間ほどでピークを迎え、2時間から3時間ほど持続します。このときも、性的な興奮がなければ勃起は起きません。パートナーがいる場合には、その人に性的な魅力を感じたり、ペニスに刺激を受けたりすることで初めて脳が興奮して、勃起が起こります。そのため、年齢のせいで性欲がなくなってきたと感じる人が服用すると性欲がムラムラと湧いてくるというものではありません。また、バイアグラの効果が持続している最中でも、射精すると勃起は治まります。体力的に元気で、再び性的な興奮を得ることができれば、2回目の性行為をすることが可能な場合があります。いずれにしても、自然な形でも勃起が前提となります。

バイアグラはEDの人の勃起を助けるための薬で、飲むだけで勃起するわけではありません。バイアグラの効果によって、勃起機能が正常な人と同じレベルの勃起が得られると考えた方がいいでしょう。ただし、勃起は意識的にコントロールできるものではありません。同じシチュエーションでも男性によっては興奮を得られたり、得られなかったりします。勃起をコントロールできる薬ではないことは留意しておきましょう。

レビトラ服用と並行してできる自己ED治療

日本人ではここ2、30年間以上を掛けて、徐々に晩婚化の傾向が強まって来ています。また付き合っていても性交渉を持たないカップルや、子供を作らない為とかお互いの人生を犠牲にしたくないなどの理由で性交渉をもたない夫婦もその比率を高めていると言います。そういった時代背景では、若年層のED患者もかなり増えていて、未経験や経験不足からくる不安による心因性の勃起不全になる方も少なくないのです。そんな悩みを解消してくれるのがバイアグラやレビトラといった化学薬品系のED治療薬でしょう。これらの薬の力を借りて、なんとか事態を乗り越えているのが現状かもしれません。

現在のED治療は薬物治療が中心となっていますが、その他にも効果のあるアプローチ方法はあります。しかも自宅で一人で行える方法があるのです。生活習慣の改善がED治療に効果的だという事は昔から言われています。血流の悪化が勃起障害を引き起こすので、その対応策に血管を委縮させたり老化させる活性酸素の発生を抑制する事ができます。タバコやストレス、また酸化作用のある食事を避ける事が効果的です。反対に抗酸化作用の強い食材を中心に食べる事もできます。緑黄野菜のポリフェノールは、最も身近な食材ですのでお試しください。

また運動不足や寝不足も大敵です。これによって全身の血液がドロドロになり、男性ホルモンのバランスも乱れます。特に下半身の血流をアップするには、スクワットやウォーキング、ジョギングなどをすると良いでしょう。また副交感神経を活発にして体や心のリフレッシュをする事も大事です。夜11時から3時まではしっかりと睡眠する習慣を作りましょう。それ以外にも単純にサプリメントを飲む方法もあります。マカやクラチャイダム、トンカットアリ、ムイラプアマにすっぽんエキスなど、バイアグラやレトビアと併用する人も多いです。この様にED治療を体質改善からアプローチする事は有効です。