シアリスとの併用を特に注意すべき薬剤の種類

シアリスには、併用禁忌とまでいかなくとも特に注意すべき薬剤がいくつかあります。シアリスの主成分であるタダラフィルは、肝臓でおもに代謝されますが、肝臓にはCYP3A4というタダラフィルの代謝に不可欠な酵素が存在します。したがって、この酵素を阻害したり誘導したりする作用のある薬剤を服用している人は、特に注意が必要です。

CYP3A4という酵素を阻害する薬剤とシアリスを併用すると、成分の血中濃度が上昇し、薬の効果が強く出過ぎたり、代謝が十分に行えずに成分が体内に残り副作用が出やすくなったりといったことが考えられます。逆にCYP3A4を誘導する薬剤の場合、代謝が速くなって薬の効果が出なかったり、効果が出ても作用する時間が短くなったりすることがあります。また、血管を拡張する作用のあるシアリスですから、降圧剤を一緒に服用すると、血圧が下がり過ぎる危険性があります。併用を注意すべき具体的な薬剤については、以下に詳細を記します。

まず、ケトコナゾールなどのCYP3A4 阻害剤があります。シアリスとの併用により、タダラフィルの血漿中濃度が急激に上昇する恐れがあるので、服用量や服用の間隔には十分な考慮が必要です。また、リトナビルなどのHIVプロテアーゼ阻害剤も注意です。これも、シアリスとの併用で、タダラフィルの血漿中濃度が急激に上昇する可能性があります。逆に誘導剤では、リファンピシンなどのCYP3A4誘導剤などをシアリスと併用すると、タダラフィルの血漿中濃度が急激に低下する可能性があります。

α遮断剤にも注意が必要です。α遮断剤のなかでも薬剤の種類によって、シアリスとの併用で血圧に及ぶ影響の程度が異なります。血圧降下や失神などの症状が出たという報告もあるので、α遮断剤の種類を医師に確認し、シアリスとの併用が可能か相談することは必須です。

急性心不全の治療薬であるカルペリチドも併用注意の薬剤です。この薬剤には血管を弛緩させる作用がありますが、シアリスにも同じく血管弛緩作用があります。相互作用に関する十分な臨床データはないものの、併用によって血圧が急激に下がる危険性はあるので注意は欠かせません。

バイアグラの有効性

バイアグラは世界初のED治療薬としてセンセーションを持って世間に迎えられました。ただ、単なる精力剤であるかのような誤解もあるため、正しい知識が浸透しているとは言い難い状況です。医学的にも勃起不全を解消することが確かめられており、多くの勃起不全に悩む男性の助けとなっています。

アメリカのフェイザー製薬会社が大規模な臨床実験を行い、約4500人の男性を対象にした調査をしたところ、約70%の男性に効果があったことが判明しています。数字からも分かるように万能ではなく、30%の男性は効果が実感できていません。勃起不全には、器質性EDと心因性EDの2種類があります。器質性EDとは、身体の機能に問題があって勃起不全となることを言い、心因性EDは精神的な問題によって勃起不全に陥るというものです。身体の機能の不全によって勃起不全になる人よりも、心因性のEDの方が数は断然多いと言われています。性行為で失敗してしまったとか、女性からペニスが小さいことを馬鹿にされたなどの精神的なトラウマによって勃起不全に陥ります。いったん勃起不全を体験すると、次のチャンスでも勃起できないのではないかという精神的なプレッシャーがかかるため、ますます勃起しにくくなります。

フェイザー製薬の調査によって、バイアグラは器質性EDよりも心因性EDに対して、より高い効果があることも判明しています。器質性EDへの有効性が60%から70%ほどであったのに対して、心因性EDには80%の人に効果があったという結果が出てきます。器質性EDでの有効性の確認に関しては、神経や血管が温存されており、損傷が部分的であったために有効だったと考えられています。心因性のEDでは、性行為での失敗を繰り返した結果、不安が高まって悪化させてしまうことが多くあります。こういった場合にバイアグラを使って成功体験を積み重ねることによって不安を解消し、EDを完治させることが可能です。バイアグラによって性行為に対する自信を取り戻しながら、最終的には薬がなくでも性行為ができるようになるのを目指すのが正しいED治療です。

パルデナフィルとは

パルデナフィルとは、勃起不全の治療薬に含まれる成分のことです。
パルデナフィルは商品名はなく、レビトラなどの勃起改善薬に含まれている成分です。

簡単な作用を説明すると、パルデナフィルは陰茎の勃起にかかわるホスホジエステラーゼ5(酵素PDE5)を阻害し、海面帯平滑筋の緊張を緩和して、血液の流れを促進することで通常の勃起状態に促します。それを性行為中(一定時間内)維持し続ける薬効も含まれます。

パルデナフィルの薬効ですが、器質性のED(陰茎やその付近の血管、神経に問題がある)に対しても、過去の性行為の失敗を起因とする心因性のEDに対しても効果を発揮します。
パルデナフィルを服用した後、性的な刺激を受けた時に薬効が発揮されます。
ただし、性欲そのものが増進するわけではなく、局所的な効果のため陰茎が膨張しているかのような印象を受ける場合があります。

パルデナフィルの入手方法ですが、レビトラなどのジェネリック医薬品を医師の処方を受けて病院で入手する方法のほか、個人輸入や通販を利用し、自己責任のもと購入することができます。
自己責任というのは日本では認可が下りていない医薬品を購入することはできますが、万が一副作用や病院に通院する必要が出た時など、治療において保障を受けることができなくなります。

また副作用、その他使用上の注意事項もチェックしておきましょう。
主な副作用は頭痛やほてりです。これはパルデナフィルの薬効が原因です。血管を押し広げるために起きますが、数時間ほどで収まるため、それほどナーバスになる必要はありません。

注意事項としては薬が効きすぎて、陰茎が4時間以上勃起しつづける、あるいは痛みを伴う勃起が続くときは危険です。勃起機能がなくなってしまうなど、本末転倒の事態に発展する可能性もゼロとは言えません。
その場合、病院での診察が必須となるため十分注意しましょう。