パルデナフィルとレビトラ

パルデナフィル=塩酸パルデナフィル水和物が含まれるED薬は、レビトラと呼ばれる薬品です。
錠剤で、オレンジ色の丸型をしています。
ちなみにバイアグラは青いひし形、シアリスは黄色の涙形をしているので、明確に区別がつきます。

用量は5mg、10mg、20mgの3種類あり、パルデナフィルの含有量が多くなるにつれて持続時間も増えていきます。
レビトラを販売している会社はバイエル薬品株式会社といい、10錠ごとのシートで市販されています。
レビトラの価格は10mgが1,500円、20mgが2,000円いずれも1錠の価格です。
ちなみにバイアグラは25mgと50mgの2種類あり、それぞれ1,300円、1,500円という価格です。
シアリスは10mgで1,700円、20mgで2,000円です。

レビトラはほかのED薬とは違い、水に溶けやすく即効性ではナンバーワンです。バイアグラも早く効くことで知られていますが、レビトラのほうが持続時間が長く、性能は上です
持続時間ではシアリスがナンバーワンですが、シアリスには即効性がないことが難点です。ちなみにバイアグラの持続時間は5時間程度、レビトラは10mgで5時間、20mgでは最大10時間、シアリスは10mgで最大24時間、20mgでは最大36時間とかなり開きがあります。
効くまでに1時間以内、かつ最大で10時間持続するレビトラは、ED薬の中で、もっとも融通がきくと言えるかもしれません。

ただレビトラのED薬としての効果は信頼がおけますが、副作用は服用した9割の方に何らかの症状がでます。顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりのいずれか、あるいは複数もしくはすべて出る方もいます。頭痛に対するケアとして、頭痛薬を同時に服用する方法もあります。1度利用してみてどのような副作用がでるか見極めて、次に使うときに対処するというのが良いかもしれませんね。
ちなみにシアリスのほうは、副作用に対してだいぶ緩和されており、これらの症状がでるのはわずか3割程度といわれています。
レビトラについては処方不可の病気がいくつかあります。不整脈、HIV、網膜色素変性症、血液透析中の方です。