パルデナフィルを服用する際の特別な注意

パルデナフィルを含有したレビトラ以外にも、ジェネリック薬は複数出ています。インターネットで販売されているのを見かけるかも知れませんが、基本的には使用忌避となる疾病、服用している薬との併用不可などはレビトラも、そのほかのジェネリックもかわりません。

基本的には服用する際は1日1錠で、服用から服用までの間は24時間以上開ける事が重要です。
また高齢者が利用する場合は血圧との兼ね合いで服用ができないケースがあります。
分かりやすくいえば極端に高血圧、極端に低血圧の両極端に近い方は服用を避けなくてはなりません。

最も危険なのは薬の効果が出ている最中に狭心症の発作が起きたときです。狭心症の対処として硝酸塩系薬剤、いわゆるニトロが使われるケースが多いのですが、このニトロとED薬の相性が最悪といわれています。もしパルデナフィルと硝酸塩系薬剤を同時に使うとすると、血液が急激に低下し、心臓から全身にいきわたるはずの血流が弱まることで、命に係わる事態=致死性の副作用を引き起こす可能性があります。

セックスの途中は特に心拍数が上がり、心臓に負担がかかるため狭心症になってしまう可能性がゼロではありませんから、もしそのような状況になってしまったときは、自分はパルデナフィルを服用していると伝え、医師にそれが伝達できるようにしましょう。

今まで聞いていたのに、急に効果がなくなってしまった場合でも、2錠、3錠と量を増やしていくのは間違いです。体調が悪いなど身体のコンディションが悪いか、あるいは食事の影響などが原因として考えられます。くれぐれも付け足して飲まないようにしましょう。
もしも誤って大量に服用してしまった場合、すぐに病院へ行き医師に相談しましょう。副作用として陰茎に血液が集まり過ぎて感覚がなくなり、以降の勃起能力が喪失するなどの事態になる可能性もあります。