ステンドラの効果

ステンドラは第4のED治療薬
日本国内で知られているED治療薬としては、バイアグラが最も有名なED治療薬と言えるでしょう。日本で認められているED治療薬はバイアグラの他に、レビトラ、シアリスの3剤です。この中で最も即効性があると言われているのがレビトラです。ステンドラは、服用後に早ければ15分程度で効果が現れ、勃起するという即効性のあるED治療薬です。なおかつ、バイアグラ並みの効果持続力があるとも言われています。そのため、日本ではいまだ承認されてはいないものの、その即効性や持続性から、即効性の高いバイアグラという位置づけがされており、バイアグラやレビトラ、シアリスに次ぐ第4のED治療薬と言われています。

ステンドラの主成分は日本生まれ
ステンドラは50mgと100mg、そして200mgの3種類の錠剤があります。このステンドラの有効成分はアバナフィルと呼ばれる物質です。このアバナフィルという成分は、田辺三菱製薬という日本の製薬会社が開発しました。しかし2001年に一部のアジアを除く海外での開発や販売権をアメリカの製薬会社・ヴィヴス社に譲渡しています。このヴィヴス社が新薬としてED治療薬の開発を進め、2012年に政府機関のアメリカ食品医薬品局に承認され、ステンドラという新たなED治療薬を発売しました。

アバナフィルの効果
勃起のメカニズムは、精神的や肉体的に刺激を受けた際、脳を介して血流が活発になり、陰茎に対しても血流の増加が顕著となり、陰茎を硬くさせるという仕組みになっています。ステンドラの主成分アバナフィルは、陰茎海綿体に流れる血管を緩め、血液の量を増やして勃起を維持する効果があります。また、勃起の維持に必要な酵素と言われている「cGMP」を分解しようとするホスホジエステラーゼ5の働きを食い止める効果もあり、それによって勃起の維持にも一役買っています。このホスホジエステラーゼ5という酵素を妨げるという働きは、他の国内で承認されているED治療薬と同じ効果となっています。