バイアグラの個人輸入での注意

バイアグラは、誰でも知っている有名なED治療薬です。日本では1999年から処方されるようになりました。国内で厚生労働省の認可が下りているのは2種類となっており、25mgと50mgのものです。海外では100mgまで認可が下りています。100mgのバイアグラを入手する合法的な方法として、海外の業者から個人輸入するという手段があります。日本では認可の下りていない100mgのバイアグラも、海外から購入する分には違法ではありません。

また、日本ではバイアグラは医師の処方箋なしで販売してはならないことになっています。そのため、バイアグラを処方してもらうにはお金がかかります。日本でのバイアグラ50mgは1錠1500円から2000円程度が相場です。有効成分が倍である100mgのバイアグラは3000円から4000円ほどの価値があることになりますが、個人輸入の販売サイトでは1500円程度から取引されています。海外からの輸入では、日本の商習慣が通じなかったり、そもそも日本語で対応してもらえることがなかったりするなどの不便がありますが、専門的にこうした個人輸入を代行してくれる業者もあります。

こうした個人輸入で気をつけなければならないのは、偽物が多く出回っているということです。医療機関を通さず不正規なルートで入手したバイアグラには偽造品の可能性が高く、様々な健康被害が出ていることが報告されています。偽造バイアグラは、世界の様々な場所で作られているのが現状で、世界の60を超える国々で発見されており、その中には日本も含まれています。製造現場は不衛生で、品質管理もされていないことが多くあります。アメリカ経由で日本に偽造品が輸入される事例も報告されています。また、日本を除く海外では100mgまでの認可が下りていますが、こうした偽造バイアグラには300mgという有り得ない配合をうたったものが多くあります。見た目は青い平行四辺形をしている錠剤であっても、中身はまったく有効成分を含んでおらず、むしろ健康を害するような成分が含まれているケースが多くあります。個人輸入には注意しましょう。

バイアグラの成分含有量には2種類ある

日本国内で製造されているバイアグラには、成分含有量が25mgのものと50mgの2種類があります。医師が処方する場合には、ほとんどの場合で50mg1錠を1回分としています。海外生産品には100mgのものもありますが、日本では認可されていません。25mgが処方されるのは、主にEDの症状が軽い場合や、副作用のリスクがある場合です。65歳以上の高齢者や肝臓や腎臓に疾患のある人には、最初は50mgではなく、まずは25mgで健康に異常をきたさないか様子を見るということも行われます。

副作用リスクがある場合には、25mg錠を処方されている人が、自分の勝手な判断で増量してはいけません。逆に50mg処方されている人が減量する分には問題はありません。50mgを半分に割って服用しても問題ありません。バイアグラを試してみて、25mgで充分な効果が得られたのであれば、医師に相談して25mgを処方してもらうようにしましょう。

このように、通常ではバイアグラは治療当初から50mgを処方します。高齢者の方や、肝機能障害、腎機能障害などを持っている人、エリスロマイシンやシメリジンなどの薬を服用している人は、25mgから使い始めることがあります。人によってはバイアグラの服用で重篤な副作用を引き起こすことがあるからです。こういった場合に25mgでは効果が得られなかったときには、医師に相談してみましょう。服用にあたっては、バイアグラの効能を妨げる行動はなるべくしないようにしましょう。たとえばアルコールの摂取のし過ぎや高脂肪の食事は避けましょう。性行為で満足できる結果を出すには、適度な運動も必要です。バイアグラだけに頼るだけでなく、適切な運動をしましょう。筋トレは男性ホルモンであるテストステロンを増加させるため、性行為をスムーズにします。また、腰痛などがあれば性行為自体が苦痛になってしまうこともあります。バイアグラの効果を充分に出せるように生活にも気をつけましょう。定期的に性行為を行うようにすることも重要です。

バイアグラでどの程度の性行為が可能になるのか

バイアグラは精力剤ではなく、勃起不全の治療薬です。そのため、1回服用してどの程度の性行為が可能になるのかについては、それぞれの男性の生殖機能に依存していると言っていいでしょう。個人差はあるものの、バイアグラの成分は、服用してから約4時間ほどで血中濃度が半減します。だいたい2時間から3時間程度は効果が持続すると考えていいでしょう。勃起は性的に興奮することで起こり、射精によって解消されます。射精して解消されても再び興奮できれば、また勃起が得られます。健康な人や若い男性であれば、何回でも性行為が可能ということになります。ただ、EDを治療している人にとっては、薬効が持続している間だけ可能ですので、2回から3回くらいが限界であると考えられます。

バイアグラの有効率は約70%です。残りの30%の人には効果がありません。現在ではバイアグラ以外にも有効なED治療薬があります。基本的に、既往症や事前の健康チェックで問題がなければ、バイアグラがED治療では第一選択とされるケースがほとんどです。もしバイアグラではなく、他の治療薬を選択したければ、医師に相談してみましょう。

また、バイアグラと性行為の関連性でいうと、射精に影響はありません。射精と勃起のそれぞれのメカニズムは一体ではなく、それぞれに独立しています、バイアグラは勃起のメカニズムに作用します。バイアグラを飲むことで射精に対して影響を与えることは理論上は有り得ません。ただ、今まで勃起力が不足していることによってなかなか射精できなかった人の場合には、射精がスムーズの行えるようになったという印象を持つことはあります。ただし、これはバイアグラによって射精のタイミングが調整できたわけではありません。バイアグラは早漏や遅漏などの射精障害に対しては直接的な治療効果はありません。こうした障害のある人は、それぞれに治療を受けるべきでしょう。バイアグラに過度な期待を持つのは危険です。しっかりと薬効を確認しましょう。

バイアグラがペニスにだけ作用する理由

人間が身体に持っている数多くの種類の酵素のうち、PDEと言われる酵素があります。PDEにも少しずつ違った種類があり、存在している部位の違いによって分類されます。PDE酵素のうち、PDE5という酵素はペニスの陰茎動脈のみにあるPDEです。バイアグラには、このPDE5の働きを阻害する働きがあります。このため、バイアグラの成分そのものは全身に届けられますが、作用はペニスにだけ現れます。ただ、他のPDEにまったく影響がないというわけではなく、たとえばPDE3という心臓の冠動脈に存在するPDEにもごくわずかですが、作用を及ぼします。作用の程度はPDE5に及ぼすものと比較して約3000分の1ほどと弱いもので、特殊なケースを除いては、副作用はほとんどありません。

バイアグラは本人がEDであることに不満がなく、性行為をしたくないと思っている間は使用する必要がありません。専門家によると、男性側の要求だけでなく、EDになっている男性のパートナーからの要望でED治療をするようになる人が多くいることが報告されています。こうした場合に、バイアグラがセックスの万能薬のように勘違いしてクリニックを訪れるケースが少なくないと言われています。バイアグラはあくまで勃起を助ける薬です。これを飲みさえすれば、セックスしたいという性欲が湧いてくるわけではありません。また、バイアグラを飲むとセックスの快感が高まるかのように思われていることもあると言われています。バイアグラは、もっぱらペニスの勃起を妨げるPDE5の働きを阻害する薬で、快感にはまったく関係ありません。快感はその人の脳で感じるもので、バイアグラを飲んで快感の度合いが変化することはありません。なかには、あまり快感を持てなくなったと訴える人も多いことが医療関係者から報告されています。これは思い込みによる錯覚であると考えられます。バイアグラを飲むと快感が上がると思い込んで、脳に言い聞かせると、快感を得やすいと言われています。

バイアグラが処方されない場合とは?

バイアグラはそれ自体は安全に服用できるED治療薬ですが、希望すれば誰にでも処方されるというわけではありません。持病などがあってバイアグラの使用が原因で副作用を招く危険のある人には処方は禁止されています。

たとえば心臓や血管に疾患を抱えている人です。バイアグラで性行為が可能になったことで、負担をかけすぎてしまうことがあります。心臓疾患の人には、性行為そのものが禁止されていることもあります。また、高血圧であるにも関わらず治療を受けず放置している人にも処方は見送られます。高血圧が改善されていないと、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを起こすことがあります。逆に、血圧が極端に低い場合にも処方されませんし、肝臓の機能が弱っていると判断されるときも、処方はされません。服用し、体内に入った後のバイアグラは最終的に代謝するのは肝臓です。そのため肝臓に過度な負担をかけることになるからです。

バイアグラは勃起を助ける薬ですが、そのメカニズムは血管の拡張です。そのため、心疾患を治療する際に用いられるニトログリセリンといった硝酸剤に分類される血管拡張作用のある薬剤とは併用はしてはならないことになっています。併用することで血管が過度に拡張し、急激に血圧の低下が起きる危険性があり、最悪で死につながります。硝酸剤は、飲み薬だけでなく、舌下錠剤や貼り薬、また吸入剤など様々なタイプがありますが、どれもバイアグラとの併用は禁止です。また、こういった薬を使用していたり、過去に狭心症を起こしたりしたことのある人に対しても、バイアグラは処方されません。これまで狭心症を発症したことのない人でも、処方後に狭心症を発症するというケースもあります。処方後に狭心症の治療をする際には、バイアグラを服用していることを医師に告げるようにしましょう。また、狭心症などの心疾患ではなく、肩コリの治療にも硝酸剤が用いられることもあります。市販されている薬の中にも、併用を注意すべき成分が含まれていることもあります。

バイアグラには副作用がある?

バイアグラは日本では承認されるにあたって、副作用を心配する声が挙がっていました。怖い副作用のある薬という間違った認識もあります。その背景には、日本でバイアグラをアメリカから買ってきた男性が服用して死亡したケースが、大きく報道されたことも関係しています。実際には、バイアグラによって死亡した事例は、いずれも医師の診察を受けずに勝手に服用したもので、本来的な使い方をしていれば安全な薬です。

医師の管理のもと正しい方法で服用した場合の副作用については、日本で実施した調査の結果、バイアグラを服用した866人のうち42人に副作用が見られたという結果が出ています。全体の5%にも満たない、ごく一部のED患者です。副作用の内容としては、顔などのほてりが2%ほど、目の充血や光に敏感になる、物が青みがかって見えるなどの視覚障害が0.5%ほど、その他、頭痛や動悸などが、やはり0.5%ほどの確率で発現しています。医師の診断を受けて処方され、指示された通りに服用している限り、重篤な副作用が出る心配はかなり少ないということになります。

バイアグラの副作用は発現率も少なく、軽度であることが大半ですが、視覚障害については、多少の注意が必要かもしれません。物が青みがかって見えたり、青と緑の区別がつかなくなったりすることがまれにあります。この場合には車の運転や機械の操作で危険が生じる可能性があります。バイアグラの薬効の持続時間は服用から3時間から4時間程度です。その間は自動車の運転や機械の操作などは控えた方がいいでしょう。また、重篤な症状が少ないからといって、軽視しすぎるのも問題です。バイアグラは陰茎の動脈の拡張を促進する薬であるため、急激な血圧低下によって心臓疾患が現れる可能性があります。他の薬との相互作用などによって合併症を発症する危険性もあります。心臓に問題があったり、腎臓や肝臓などに疾患がある場合には、医師から使用を禁止されることもあります。

バイアグラの有効性

バイアグラは世界初のED治療薬としてセンセーションを持って世間に迎えられました。ただ、単なる精力剤であるかのような誤解もあるため、正しい知識が浸透しているとは言い難い状況です。医学的にも勃起不全を解消することが確かめられており、多くの勃起不全に悩む男性の助けとなっています。

アメリカのフェイザー製薬会社が大規模な臨床実験を行い、約4500人の男性を対象にした調査をしたところ、約70%の男性に効果があったことが判明しています。数字からも分かるように万能ではなく、30%の男性は効果が実感できていません。勃起不全には、器質性EDと心因性EDの2種類があります。器質性EDとは、身体の機能に問題があって勃起不全となることを言い、心因性EDは精神的な問題によって勃起不全に陥るというものです。身体の機能の不全によって勃起不全になる人よりも、心因性のEDの方が数は断然多いと言われています。性行為で失敗してしまったとか、女性からペニスが小さいことを馬鹿にされたなどの精神的なトラウマによって勃起不全に陥ります。いったん勃起不全を体験すると、次のチャンスでも勃起できないのではないかという精神的なプレッシャーがかかるため、ますます勃起しにくくなります。

フェイザー製薬の調査によって、バイアグラは器質性EDよりも心因性EDに対して、より高い効果があることも判明しています。器質性EDへの有効性が60%から70%ほどであったのに対して、心因性EDには80%の人に効果があったという結果が出てきます。器質性EDでの有効性の確認に関しては、神経や血管が温存されており、損傷が部分的であったために有効だったと考えられています。心因性のEDでは、性行為での失敗を繰り返した結果、不安が高まって悪化させてしまうことが多くあります。こういった場合にバイアグラを使って成功体験を積み重ねることによって不安を解消し、EDを完治させることが可能です。バイアグラによって性行為に対する自信を取り戻しながら、最終的には薬がなくでも性行為ができるようになるのを目指すのが正しいED治療です。

バイアグラはどう作用するのか?

勃起のメカニズムはあまり知られていません。そのため、バイアグラについて過度な期待をしたり、また過小評価したりすることにつながっています。バイアグラというED治療薬の効果を正しく知るためにも、勃起のメカニズムについてある程度知識を持った方がいいでしょう。

勃起するには、まず性的な興奮が得られる必要があります。パートナーによる性的な刺激などが必要です。何もないところで自然に勃起が得られるわけではありません。脳が性的な興奮を得ると、それがペニスの勃起神経に伝達されます。すると神経から一酸化窒素が放出されます。海綿体の細胞に放出された一酸化窒素が効果をもたらし、平滑筋拡張作用のあるサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)が生産されます。cGMPは、ペニスの動脈を拡張させます。さらに海綿体の平滑筋を拡張させるので、大量の血液が海綿体に流入することになります。このように海綿体が膨張することで、ペニスは勃起の状態になります。

この勃起したペニスはいずれ時間が経過すれば萎えていきます。その訳は海綿体を構成している細胞にPDE5と呼ばれるcGMPを分解する役割をもった酵素があるからです。この酵素の働きによって、海綿体の血液は流入をやめてペニスはしぼむというメカニズムになっています。バイアグラが効果を発揮するのは、ペニスをしぼませるPDE5に対してです。バイアグラのこの酵素が作用するのを阻害する働きがあります。cGMPの分解を防いで、勃起した状態を継続できるようにしています。ED患者の多くは、cGMPの作られる量が通常より少ない場合や、PDE5酵素の分泌量が多かったりすることが原因です。バイアグラは、PDE5の働きを阻害し、cGMPの働きを増加させるために、EDが改善させることになります。勃起そのものは医学的に生成できるものではありませんが、性的な刺激や興奮を得た男性が、自然な勃起を得て、それを助けてペニスを萎えにくくするというのが、バイアグラの役目です。精力剤や回春剤のたぐいではなく、医学的に効いていくED治療薬です。

バイアグラの効能

バイアグラはED治療薬として高い効果があり、世界初の勃起不全治療薬として知られています。反面、大きなセンセーションを巻き起こしただけに、様々な誤解も生んでいます。代表的な誤解として、服用すればペニスが勃起してくるとか、回春剤であるとか、精力剤の一種であるなどが挙げられます。バイアグラの本当の効能は決して精力剤ではありません。

バイアグラは、ペニスが勃起し持続するのを助けるための補助的な薬です。そのため、まずは本人が性的な興奮を得る必要があります。飲んだだけでペニスが勃起するわけではありません。本人が性的に興奮を得て、それを脳がペニスに伝えます。すると動脈を拡張させて海綿体の平滑筋をゆるめ、海綿体に血液が流入します。こうしてペニスは勃起します。バイアグラは、動脈の拡張を助け、海綿体の筋肉をゆるめる働きがあります。薬効は飲んでから、だいたい1時間ほどでピークを迎え、2時間から3時間ほど持続します。このときも、性的な興奮がなければ勃起は起きません。パートナーがいる場合には、その人に性的な魅力を感じたり、ペニスに刺激を受けたりすることで初めて脳が興奮して、勃起が起こります。そのため、年齢のせいで性欲がなくなってきたと感じる人が服用すると性欲がムラムラと湧いてくるというものではありません。また、バイアグラの効果が持続している最中でも、射精すると勃起は治まります。体力的に元気で、再び性的な興奮を得ることができれば、2回目の性行為をすることが可能な場合があります。いずれにしても、自然な形でも勃起が前提となります。

バイアグラはEDの人の勃起を助けるための薬で、飲むだけで勃起するわけではありません。バイアグラの効果によって、勃起機能が正常な人と同じレベルの勃起が得られると考えた方がいいでしょう。ただし、勃起は意識的にコントロールできるものではありません。同じシチュエーションでも男性によっては興奮を得られたり、得られなかったりします。勃起をコントロールできる薬ではないことは留意しておきましょう。

バイアグラは偶然見つかった

バイアグラの成分であるシルデナフィルは1990年代にはすでに開発されていましが、その当時は狭心症のための薬として開発されてたものでした。大規模な臨床試験が繰り返し行われましたが、狭心症の薬としての効果は期待したほどではなく、試験を中止しようとしたところ、被験者が薬を返還したがらないという現象が起こります。不思議に思った製薬会社が被験者に聞いたところ、勃起効果のあることが発覚しました。1998年にアメリカから世界初のED治療薬として販売されました。当初は夢の薬として大きな騒ぎとなっています。

日本はこういった新薬に対して慎重な傾向があります。アメリカでバイアグラは発売されて世界的な話題となり、バイアグラを現地で購入する人や、個人輸入で買い付けする人が増えました。そのなかには、バイアグラとの併用禁忌であるニトログリセリンで治療をしている人などもいたため、死亡事故も発生しました。そのため、バイアグラは日本では異例の速さで承認され、1999年には医師の処方のもと販売されるべき薬として発売が開始されました。反対の多かった事例として、性が乱れることを指摘する団体も多くいたことから、現在でも日本において承認されているバイアグラは25mgと50mgの2種類のみで、100mg配合のバイアグラに関しては海外から個人輸入するしかないという現状があります。

その後ED治療薬としてレビトラやシアリスなどが開発・販売されています。この2つの薬は20mgが販売されていますが、この有効成分の分量でバイアグラの100mgに相当する効果があります。そのため、バイアグラで同じ効果を得るためには、100mgを海外で手に入れるか、日本の病院で50mgを2錠処方してもらうかのどちらかしかありません。コスト面で見ると、バイアグラの処方は若干高めになる傾向があります。近年ではアバナフィルというED治療薬も登場し、これはバイアグラの100mgを遥かにしのぐ効果があります。バイアグラは、日本の医療品の個人輸入の流れを促進したとも言われています。