バイアグラそのほかED薬と皮膚がん罹患との関連性

今回はパルデナフィルの副作用以外に懸念される、皮膚がんのりすくについて説明していきたいと思います。

バイアグラそのほかPDE薬には高い皮膚がんのリスクがあるのではないか?という調査結果が明らかになり、にわかに騒がれています。
スウェーデン人男性2万人で行われた調査ですが。実際にED薬を服用している人と皮膚がん罹患率に関連性があったそうです。これはバイアグラに限らず、ほかのED薬を含めたデータですが、ED薬そのものが皮膚がんの原因になっているという有意なデータは見つかっていないので、関連性は薄いと思われます。

詳しい事情をお話しすると、これはニューヨーク大学ランゴン医療センターのステイシー・ローブ博士が行った研究です。
サンプルは2万人、そのうち2006年から2012年の間に悪性黒色腫にかかったのは4.065人でした。
この中で、2,148人がバイアグラ(シルデナフィル)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3つのPDE5阻害薬うちの1つを服用しており、435人が皮膚がんを患っていたとの調査結果を得ています。

この数字が統計的に見たとき、悪性黒色腫のリスクの上昇とPDE阻害薬の服用との間に有意性が認められるという結論がでたというわけです。しかしながら、PDE阻害薬を複数種類服用している男性においてはその因果関係が認められませんでした。
つまり、PDE阻害薬自体にはその服用における用量が相対的に多くても、ガンのリスクが高まるわけではないということです。
この調査にかかわった大学の助教が「「勃起不全の薬物治療は硝酸塩と呼ばれるほかの薬と併用した場合、一時的に血圧に深刻なリスクを伴うことがありますが、結局のところは安全な薬剤です」と述べている通り、パルデナフィルを服用する事に対する必要以上の心配はしなくてよさそうです。
正しく服用すれば男性の悩みを改善する一つの大きな手段となりますので、EDに悩んでいる方はぜひ利用してみてください。

パルデナフィルを服用する際の特別な注意

パルデナフィルを含有したレビトラ以外にも、ジェネリック薬は複数出ています。インターネットで販売されているのを見かけるかも知れませんが、基本的には使用忌避となる疾病、服用している薬との併用不可などはレビトラも、そのほかのジェネリックもかわりません。

基本的には服用する際は1日1錠で、服用から服用までの間は24時間以上開ける事が重要です。
また高齢者が利用する場合は血圧との兼ね合いで服用ができないケースがあります。
分かりやすくいえば極端に高血圧、極端に低血圧の両極端に近い方は服用を避けなくてはなりません。

最も危険なのは薬の効果が出ている最中に狭心症の発作が起きたときです。狭心症の対処として硝酸塩系薬剤、いわゆるニトロが使われるケースが多いのですが、このニトロとED薬の相性が最悪といわれています。もしパルデナフィルと硝酸塩系薬剤を同時に使うとすると、血液が急激に低下し、心臓から全身にいきわたるはずの血流が弱まることで、命に係わる事態=致死性の副作用を引き起こす可能性があります。

セックスの途中は特に心拍数が上がり、心臓に負担がかかるため狭心症になってしまう可能性がゼロではありませんから、もしそのような状況になってしまったときは、自分はパルデナフィルを服用していると伝え、医師にそれが伝達できるようにしましょう。

今まで聞いていたのに、急に効果がなくなってしまった場合でも、2錠、3錠と量を増やしていくのは間違いです。体調が悪いなど身体のコンディションが悪いか、あるいは食事の影響などが原因として考えられます。くれぐれも付け足して飲まないようにしましょう。
もしも誤って大量に服用してしまった場合、すぐに病院へ行き医師に相談しましょう。副作用として陰茎に血液が集まり過ぎて感覚がなくなり、以降の勃起能力が喪失するなどの事態になる可能性もあります。

パルデナフィルとレビトラ

パルデナフィル=塩酸パルデナフィル水和物が含まれるED薬は、レビトラと呼ばれる薬品です。
錠剤で、オレンジ色の丸型をしています。
ちなみにバイアグラは青いひし形、シアリスは黄色の涙形をしているので、明確に区別がつきます。

用量は5mg、10mg、20mgの3種類あり、パルデナフィルの含有量が多くなるにつれて持続時間も増えていきます。
レビトラを販売している会社はバイエル薬品株式会社といい、10錠ごとのシートで市販されています。
レビトラの価格は10mgが1,500円、20mgが2,000円いずれも1錠の価格です。
ちなみにバイアグラは25mgと50mgの2種類あり、それぞれ1,300円、1,500円という価格です。
シアリスは10mgで1,700円、20mgで2,000円です。

レビトラはほかのED薬とは違い、水に溶けやすく即効性ではナンバーワンです。バイアグラも早く効くことで知られていますが、レビトラのほうが持続時間が長く、性能は上です
持続時間ではシアリスがナンバーワンですが、シアリスには即効性がないことが難点です。ちなみにバイアグラの持続時間は5時間程度、レビトラは10mgで5時間、20mgでは最大10時間、シアリスは10mgで最大24時間、20mgでは最大36時間とかなり開きがあります。
効くまでに1時間以内、かつ最大で10時間持続するレビトラは、ED薬の中で、もっとも融通がきくと言えるかもしれません。

ただレビトラのED薬としての効果は信頼がおけますが、副作用は服用した9割の方に何らかの症状がでます。顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりのいずれか、あるいは複数もしくはすべて出る方もいます。頭痛に対するケアとして、頭痛薬を同時に服用する方法もあります。1度利用してみてどのような副作用がでるか見極めて、次に使うときに対処するというのが良いかもしれませんね。
ちなみにシアリスのほうは、副作用に対してだいぶ緩和されており、これらの症状がでるのはわずか3割程度といわれています。
レビトラについては処方不可の病気がいくつかあります。不整脈、HIV、網膜色素変性症、血液透析中の方です。

パルデナフィル以外のED改善方法

バイアグラやレビトラ、シリアスなどの勃起改善薬を使わずに、EDの状態からなんとか脱出したいと考えている方は少なくないでしょう。

いくつか方法がありますので紹介します。
まずは、注射。これはED薬を飲んでも効果がないときに行われる治療です。陰茎に対し、アルプロスタジルというパルデナフィルほかED系の経口薬と同じ効果がある薬剤を注射して、勃起状態を維持します。最初は医師に注射してもらうのですが、医師の指導を受け、家でも自分で注射を打ち、利用することもできます。

次に紹介するのは直接利用する薬です。塗布する物ではなく、座薬のように尿道に挿入して使います。成分は注射で利用するものと同じです。ただ、性行為の時にタイミングを見計らって薬剤を挿入する必要があるため、相手に知られずに行うのは至難の業です。

注射や薬品では解決しない場合、次に行う改善方法として、陰茎に圧力を加え、血流を増進させて勃起状態を作り出す、体外陰圧式勃起補助具を利用する方法です。それほど高くない価格で保健用品店などで手に入り、自分で使うことが可能です。補助リングを合わせて利用すれば、勃起状態をさらに長い時間維持できます。ただ、30分以上の装着は、陰茎にダメージを与えてしまいますので、感覚がなくなった、あるいは冷たい感じがするときはすぐに装着をやめます。

体外陰圧式勃起補助具でも解決しない場合、陰茎を人工的な勃起状態にするための器具を利用するしかありません。
陰茎用インプラントといって、膨張式あるいは半固定可鍛性のプロステーシスを利用します。陰嚢内に設置された水圧ポンプを使って陰茎内にあるシリンダーを膨らませ、勃起状態を作りだすのは膨張式プロステーシス。ポンプを使わずに、柔軟性の劣るプロステーシスを移植して性行時に手で成形して利用するのが後者です。いずれも手術によって陰茎にプロステーシスを埋め込むので、自発的な勃起機能の回復見込みのないときに利用する方法と言えます。

パルデナフィルを実際に使った人の声

パルデナフィルの効果は実際のところ、どんなものか?
実際に利用した方の声を集めてみました。

埼玉県Hさん 55歳
レビトラを服用しています。服用して20分程度で効果が出てその後5時間くらい持続します。もともと飲むようになったきっかけは、相手の相性によって起たないケースがあったからです。
緊張するのかわかりませんが、どうしても挿入できなくなるためもどかしい思いをしていました。また私の場合、長い時間挿入していたいタイプなので、途中で中折れするのは嫌でしたし、そういった経験もあったため購入をしました。
医師のところでは買ってません。副作用が不安でしたが特に病気もしていないし、薬も飲んでいないのでそれほど悪いことは起こらないだろうと考えてました。実際には頭痛が少しありましたが、最初だけでしたね。半錠で十分なので継続的に使っています。

東京都 Iさん 43歳
バリフを飲んでいます。1錠そのまま服用しています。バイアグラも以前飲んだことがありますが、バリフの方が硬くなりますし、空腹時に飲んだ方が調子いいですね。ただ薬自体との相性が悪いみたいで副作用が結構出ます。頭痛と鼻づまり、胸やけですね。正直、立つには立つけど、途中でセックスどころではないというのがあります。特に薬に弱い体質ではないと思うのですが…。ED薬は相性悪いです。

愛知県Oさん 57歳
医師の処方でレビトラを飲んでいました。ただ高いのといちいち病院に行かなければならないので不便さを感じていました。そこで通販でバリフを購入し、飲んだところ全然効き目が違ったんですね。価格も10分の1くらいだったし、お得感が全然違うし。それ以降病院には行かず、もっぱら通販での数か月分一括購入を利用しています。

大阪府Eさん 76歳
私は76歳ですが、さすがに年齢的な衰えが隠せず大好きな遊郭通いも控えておりました。ただ気持ちだけは先走るもので、どうしてももう一度一花咲かせたいとインターネットを利用し、パルデナフィルという薬剤にたどり着きました。バイアグラは気になっていましたが、こちらの方がどうやら効果がありそうで。ただ病院にいくのも気恥ずかしく、誘われるがままインターネットから注文しました。1週間ほどした後、郵便局から書留が届き、さっそく1錠試してみることに。そうしたらなんと、若いときのような元気さを取り戻したではありませんか。はてさて驚きました。
2日後に遊郭へいき、見事にやり遂げてまいりました。

パルデナフィルの価格

パルデナフィルの価格について、商品ごとにまとめてみました。

正規のルートでの購入
まず正規のルートで購入する場合、1,000円から2,000円も出せば購入できます。これは1錠の値段です。
高い!という声が聞こえてきそうですが、実際にこれは高いですね。
まず正規のルートというのは医師を通したルートです。
医師の診断のもと、その改善薬としてパルデナフィルを処方されるパターンがそれです。
正直なところ、この値段では買いたくないな…というのがホンネではないでしょうか。
成分の含有量が少ないほど安く、また一度に多く処方を受ければその分安くなりますが、それでも1錠500円程度の値段になってしまいます。

他の購入ルート
1度インターネットでバイアグラやレビトラなどで検索したことのある方は、これよりも安い価格で販売されているのをご存知だと思います。
国内で医薬品を販売するには許可が必要ですが、直輸入された薬品についてはフリーパスです。そういった背景からこうした商売を行う人々がたくさんいます。
価格も10錠で1,000円、30錠で2,500円といった形で、正規ルートの5倍以下の価格で売られているため、バッタモンじゃないのか?と勘繰るかたもおられるでしょう。
確かに、偽物や粗悪品をつかまされる可能性があります。
それだけでなく、薬品を身体に入れること自体のリスクもあります。
心臓などに持病がある、血圧に問題がある、他の薬を飲んでいるなどの事情がある方は、特にです。

パルデナフィルを含むED薬
パルデナフィルは成分の名前です。
この成分を含有している薬剤ごとに名前がついています。
なぜ違うかというと商標が違うからです。要するに作っている会社や国が違います。
レビトラ、ジェビトラ、ベルデナフィル、バリフなど複数種類ありますが、輸入業者によっては○○国向けの製品というように、意図的に安価で下されている薬品を日本向けに輸入する方法で、安く仕入れているケースもあります。
レビトラはこのなかでも高価です。レビトラのジェネリック薬品であるジェビトラは非常に安く、バリフはさらに安く手に入れることができます。

パルデナフィルを購入するなら安く手に入れたいというのは誰しもが思うところです。ただいきなり輸入業者を利用するのはリスクが高いため、一度医師の処方を受けた後で利用するのが良いでしょう。

パルデナフィルとほかの薬剤の違い

パルデナフィルはレビトラという名前でED薬売られていますが、シリデナフィルを主成分とするバイアグラもED薬として知られています。
シルデナフィルが先行して発売されており、パルデナフィルは後発品ですが、基本的にED薬という点では同じです。ではどこが違うのでしょうか。

パルデナフィルの利点
勃起持続化学物質を分解する酵素PDE5をブロックし、勃起を持続させる効果があるのですが、パルデナフィルの方がより早く身体に吸収されるため、いわゆる早く効きいてきます。
そのほかにも、バイアグラよりは食事の影響で薬効が薄れることがない、陰茎以外の臓器に対して影響が少ない、副作用がより軽くなっているなど、多くの利点がパルデナフィルにはあります。
単純に言えば、バイアグラよりも進化した薬品がパルデナフィルですが、勃起の持続時間においてもより長くキープできるようになっています。
目安としては10mgで4時間、20mgで8時間という持続力です。

シルデナフィルとパルデナフィルの比較
それでは2種類のED薬をカンタンに比較してみましょう。

▼価格
両者ともほぼ変わらず。1錠1000~2000円が相場です。

▼薬の用量
シルデナフィル50mgに対し、パルデナフィルは10mg

▼即効性
シルデナフィルは服用から効果発現まで40分程度
パルデナフィルは15分程度で効果がある

▼持続性
シルデナフィルは50mgで4時間程度
パルデナフィルは10mgで4時間程度

▼食事の影響
食事後の服用の場合、
シルデナフィルの最大血中濃度への到達は服用から3時間後
パルデナフィルは空腹時も満腹時も変わらない

▼一緒に服用できない薬
シルデナフィルよりも、パルデナフィルのほうが併用できない薬の種類が多い。とくに降圧剤との相性が悪い。

▼その他
ED薬は糖尿病患者が利用する際は危険を伴いますが、パルデナフィルのほうがその危険性が緩和されています。身体的な機能不全による器質性の勃起障害に対しても、パルデナフィルの方がより有効性を認められています。

シルデナフィルとパルデナフィル、一見同じように思われるかもしれませんが、多くの面でパルデナフィルのほうが改善されているので、覚えておくと良いかもしれません。

パルデナフィルを飲んではいけない人

パルデナフィルを飲んではいけない方について説明します。

ホスホジエステラーゼ5とは
パルデナフィルはホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれる細胞内の酵素に対して、作用します。
この酵素は、細胞の活性化と正常な働きを調整しているのですが、身体に何らかの器質的な欠陥がある場合、この酵素がブレーキの役割をして、身体の働きをセーブします。
勃起障害もその働きの一つとされています。
勃起にかかわるホスホジエステラーゼはPDF5ですが、ほかに、PDE3阻害薬として急性心不全治療薬、PDE4阻害薬は慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息に対する治療薬です。
PDE5阻害薬にはほかにバイアグラがあります。

パルデナフィルの作用
話は逸れましたが、パルデナフィルの作用として、PDE5によってその働きを阻害されていた血管の拡張があります。
そういった背景から、血管拡張薬の一種である硝酸薬との併用は血圧の急激な低下を招く恐れがあり、併用は避けなければなりません。
他にも、極端な低血圧状態にある方、あるいは高血圧であり管理できない状態の方も、医師との相談のもと十分に注意して使用する必要があります。
他には心臓病、脳卒中、重い肝臓病や腎臓病、目の網膜に関する病気にかかっている方は、パルデナフィルの服用を避けなくてはなりません。

他の薬との併用
パルデナフィルをほかの薬と並行して服用する場合について。
狭心症治療薬であるニトログリセリン、同じく狭心症の治療薬である硝酸エステル製剤の硝酸イソソルビド、ニコランジル、緑内障や高眼圧症の治療剤であるニプラジロール(ハイパジールコーワ)、経口抗真菌剤であるイトラコナゾール、不整脈の治療薬である(アミサリン、リスモダンシベノール、アンカロン、ソタコール等、 C型肝炎治療薬であるテラプレビル、同様にヒト免疫不全ウイルスやC型肝炎ウイルス感染症の治療に使用される、リトナビルやサキナビルなどはパルデナフィルとの飲み合わせが悪い医薬品です。
これらの薬剤を服用されている方は、パルデナフィルを服用する際に医師との相談が不可欠です。

バルデナフィルの効果

パルデナフィルの効果について、詳しく説明します。

パルデナフィルの効果
パルデナフィルは勃起障害を改善するレビトラなどの治療薬に含まれている成分です。
陰茎を勃起状態にしたいと考える1時間前に水とともに服用します。服用後1時間後がもっとも効果が高く、個人差があるもののその後数時間まで効果が持続します。
概ねパルデナフィル5mg~10mg/1錠の服用から行います。効果がないからといって20mgに増やす、あるいは2錠以上複数服用するのは危険です。また服用間隔は24時間置かなくてはなりません。
パルデナフィルのほかにED治療薬として、シルデナフィル(バイアグラ)がよく知られています。簡単な比較をすると、パルデナフィルの方が安価で手に入り、かつ効果が得られるまでの時間が短いことが秀でています。通常薬に対しては慣れが出てきますが、パルデナフィルの場合、長期間の服用でも安定して効果が出るといわれています。

パルデナフィルの薬理
パルデナフィルがどのように効いていくかというと、陰茎の勃起を止める酵素PDE5の働きを阻害することで、勃起に必要十分な血流が確保されることによって効果を発揮します。
EDの原因には心理的なもの、神経や血管に異常があるために起きる器質性のもの、あるいはその両方の原因が複雑に絡み合っているものと3種類ありますが、パルデナフィルの服用ではどのパターンでも一定の効果を発揮します。
あくまで勃起状態にし、それを維持するための薬なので、性欲を高める効果はありません。
臨床試験のデータでは、7割から9割の人に効果が出たという結果があり、信頼できる医薬品と言えるでしょう。

ちなみに、パルデナフィルの服用は、医師の処方の元行います。重い心臓病、脳卒中がある方など、性行為自体が生命に危険が及ぶ場合は服用を避けなくてはなりません。また飲み合わせの悪い薬もあるため、服用している医薬品等がある方は注意しましょう。

パルデナフィルとは

パルデナフィルとは、勃起不全の治療薬に含まれる成分のことです。
パルデナフィルは商品名はなく、レビトラなどの勃起改善薬に含まれている成分です。

簡単な作用を説明すると、パルデナフィルは陰茎の勃起にかかわるホスホジエステラーゼ5(酵素PDE5)を阻害し、海面帯平滑筋の緊張を緩和して、血液の流れを促進することで通常の勃起状態に促します。それを性行為中(一定時間内)維持し続ける薬効も含まれます。

パルデナフィルの薬効ですが、器質性のED(陰茎やその付近の血管、神経に問題がある)に対しても、過去の性行為の失敗を起因とする心因性のEDに対しても効果を発揮します。
パルデナフィルを服用した後、性的な刺激を受けた時に薬効が発揮されます。
ただし、性欲そのものが増進するわけではなく、局所的な効果のため陰茎が膨張しているかのような印象を受ける場合があります。

パルデナフィルの入手方法ですが、レビトラなどのジェネリック医薬品を医師の処方を受けて病院で入手する方法のほか、個人輸入や通販を利用し、自己責任のもと購入することができます。
自己責任というのは日本では認可が下りていない医薬品を購入することはできますが、万が一副作用や病院に通院する必要が出た時など、治療において保障を受けることができなくなります。

また副作用、その他使用上の注意事項もチェックしておきましょう。
主な副作用は頭痛やほてりです。これはパルデナフィルの薬効が原因です。血管を押し広げるために起きますが、数時間ほどで収まるため、それほどナーバスになる必要はありません。

注意事項としては薬が効きすぎて、陰茎が4時間以上勃起しつづける、あるいは痛みを伴う勃起が続くときは危険です。勃起機能がなくなってしまうなど、本末転倒の事態に発展する可能性もゼロとは言えません。
その場合、病院での診察が必須となるため十分注意しましょう。