パルデナフィルを服用する際の特別な注意

パルデナフィルを含有したレビトラ以外にも、ジェネリック薬は複数出ています。インターネットで販売されているのを見かけるかも知れませんが、基本的には使用忌避となる疾病、服用している薬との併用不可などはレビトラも、そのほかのジェネリックもかわりません。

基本的には服用する際は1日1錠で、服用から服用までの間は24時間以上開ける事が重要です。
また高齢者が利用する場合は血圧との兼ね合いで服用ができないケースがあります。
分かりやすくいえば極端に高血圧、極端に低血圧の両極端に近い方は服用を避けなくてはなりません。

最も危険なのは薬の効果が出ている最中に狭心症の発作が起きたときです。狭心症の対処として硝酸塩系薬剤、いわゆるニトロが使われるケースが多いのですが、このニトロとED薬の相性が最悪といわれています。もしパルデナフィルと硝酸塩系薬剤を同時に使うとすると、血液が急激に低下し、心臓から全身にいきわたるはずの血流が弱まることで、命に係わる事態=致死性の副作用を引き起こす可能性があります。

セックスの途中は特に心拍数が上がり、心臓に負担がかかるため狭心症になってしまう可能性がゼロではありませんから、もしそのような状況になってしまったときは、自分はパルデナフィルを服用していると伝え、医師にそれが伝達できるようにしましょう。

今まで聞いていたのに、急に効果がなくなってしまった場合でも、2錠、3錠と量を増やしていくのは間違いです。体調が悪いなど身体のコンディションが悪いか、あるいは食事の影響などが原因として考えられます。くれぐれも付け足して飲まないようにしましょう。
もしも誤って大量に服用してしまった場合、すぐに病院へ行き医師に相談しましょう。副作用として陰茎に血液が集まり過ぎて感覚がなくなり、以降の勃起能力が喪失するなどの事態になる可能性もあります。

パルデナフィルとレビトラ

パルデナフィル=塩酸パルデナフィル水和物が含まれるED薬は、レビトラと呼ばれる薬品です。
錠剤で、オレンジ色の丸型をしています。
ちなみにバイアグラは青いひし形、シアリスは黄色の涙形をしているので、明確に区別がつきます。

用量は5mg、10mg、20mgの3種類あり、パルデナフィルの含有量が多くなるにつれて持続時間も増えていきます。
レビトラを販売している会社はバイエル薬品株式会社といい、10錠ごとのシートで市販されています。
レビトラの価格は10mgが1,500円、20mgが2,000円いずれも1錠の価格です。
ちなみにバイアグラは25mgと50mgの2種類あり、それぞれ1,300円、1,500円という価格です。
シアリスは10mgで1,700円、20mgで2,000円です。

レビトラはほかのED薬とは違い、水に溶けやすく即効性ではナンバーワンです。バイアグラも早く効くことで知られていますが、レビトラのほうが持続時間が長く、性能は上です
持続時間ではシアリスがナンバーワンですが、シアリスには即効性がないことが難点です。ちなみにバイアグラの持続時間は5時間程度、レビトラは10mgで5時間、20mgでは最大10時間、シアリスは10mgで最大24時間、20mgでは最大36時間とかなり開きがあります。
効くまでに1時間以内、かつ最大で10時間持続するレビトラは、ED薬の中で、もっとも融通がきくと言えるかもしれません。

ただレビトラのED薬としての効果は信頼がおけますが、副作用は服用した9割の方に何らかの症状がでます。顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりのいずれか、あるいは複数もしくはすべて出る方もいます。頭痛に対するケアとして、頭痛薬を同時に服用する方法もあります。1度利用してみてどのような副作用がでるか見極めて、次に使うときに対処するというのが良いかもしれませんね。
ちなみにシアリスのほうは、副作用に対してだいぶ緩和されており、これらの症状がでるのはわずか3割程度といわれています。
レビトラについては処方不可の病気がいくつかあります。不整脈、HIV、網膜色素変性症、血液透析中の方です。

インターネット通販でED治療薬を購入することの危険性

インターネットを見渡すと、シアリスなどのED治療薬やそのジェネリック医薬品が数多く販売されていることに気付きます。医師の処方が必要なく、誰でも手軽に安価で購入できる方法として、近年EDに悩む人の間で人気が高まっているようです。しかし、インターネット通販でED治療薬を購入することはおすすめできません。

その大きな理由は、偽造品があまりにも蔓延していることです。ネット上で扱われているED治療薬のうち、その6割以上は偽造品であるとも言われています。素人では薬の真贋は見分けにくいものですし、なかには医療関係者が見ても区別が付きにくいものもあるようです。パッケージや錠剤の形を精巧に似せた偽造品による健康被害も実際に報告されており、厚生労働省もこうしたネット通販による偽造品について注意を喚起しています。ED治療薬の輸入代行販売業者のなかには「正規ルートによる安全な輸入代行」と謳っているところもあるようですが、だからといってその薬が本物であるかどうかは輸入している当人さえわからない場合もあります。

もし、購入した薬によって、副作用など体に変調が生じたとしても、日本の公的機関は何の補償もしてくれません。シアリスであれ他のED治療薬であれ、ネット通販での購入は避けた方が賢明でしょう。

結局、安全なED治療薬の入手法は、医療機関にて処方してもらうという方法しかありません。ED治療は自由診療なので、健康保険が適用されず医療費が高いということは否定できませんが、ネット通販で手に入れた粗悪な偽造品によって重大な健康被害を被った場合、金銭どころか命まで失いかねません。また、いくらインターネットで薬が買える時代になったとはいっても、医師の処方なく薬を服用することはやはり危険です。

以上のことから、EDを治療したいのであれば、医師の診察を受けて、正規の安全な治療薬を処方してもらうことが、最も確実で安全な方法ということになります。

バイアグラの個人輸入での注意

バイアグラは、誰でも知っている有名なED治療薬です。日本では1999年から処方されるようになりました。国内で厚生労働省の認可が下りているのは2種類となっており、25mgと50mgのものです。海外では100mgまで認可が下りています。100mgのバイアグラを入手する合法的な方法として、海外の業者から個人輸入するという手段があります。日本では認可の下りていない100mgのバイアグラも、海外から購入する分には違法ではありません。

また、日本ではバイアグラは医師の処方箋なしで販売してはならないことになっています。そのため、バイアグラを処方してもらうにはお金がかかります。日本でのバイアグラ50mgは1錠1500円から2000円程度が相場です。有効成分が倍である100mgのバイアグラは3000円から4000円ほどの価値があることになりますが、個人輸入の販売サイトでは1500円程度から取引されています。海外からの輸入では、日本の商習慣が通じなかったり、そもそも日本語で対応してもらえることがなかったりするなどの不便がありますが、専門的にこうした個人輸入を代行してくれる業者もあります。

こうした個人輸入で気をつけなければならないのは、偽物が多く出回っているということです。医療機関を通さず不正規なルートで入手したバイアグラには偽造品の可能性が高く、様々な健康被害が出ていることが報告されています。偽造バイアグラは、世界の様々な場所で作られているのが現状で、世界の60を超える国々で発見されており、その中には日本も含まれています。製造現場は不衛生で、品質管理もされていないことが多くあります。アメリカ経由で日本に偽造品が輸入される事例も報告されています。また、日本を除く海外では100mgまでの認可が下りていますが、こうした偽造バイアグラには300mgという有り得ない配合をうたったものが多くあります。見た目は青い平行四辺形をしている錠剤であっても、中身はまったく有効成分を含んでおらず、むしろ健康を害するような成分が含まれているケースが多くあります。個人輸入には注意しましょう。

パルデナフィル以外のED改善方法

バイアグラやレビトラ、シリアスなどの勃起改善薬を使わずに、EDの状態からなんとか脱出したいと考えている方は少なくないでしょう。

いくつか方法がありますので紹介します。
まずは、注射。これはED薬を飲んでも効果がないときに行われる治療です。陰茎に対し、アルプロスタジルというパルデナフィルほかED系の経口薬と同じ効果がある薬剤を注射して、勃起状態を維持します。最初は医師に注射してもらうのですが、医師の指導を受け、家でも自分で注射を打ち、利用することもできます。

次に紹介するのは直接利用する薬です。塗布する物ではなく、座薬のように尿道に挿入して使います。成分は注射で利用するものと同じです。ただ、性行為の時にタイミングを見計らって薬剤を挿入する必要があるため、相手に知られずに行うのは至難の業です。

注射や薬品では解決しない場合、次に行う改善方法として、陰茎に圧力を加え、血流を増進させて勃起状態を作り出す、体外陰圧式勃起補助具を利用する方法です。それほど高くない価格で保健用品店などで手に入り、自分で使うことが可能です。補助リングを合わせて利用すれば、勃起状態をさらに長い時間維持できます。ただ、30分以上の装着は、陰茎にダメージを与えてしまいますので、感覚がなくなった、あるいは冷たい感じがするときはすぐに装着をやめます。

体外陰圧式勃起補助具でも解決しない場合、陰茎を人工的な勃起状態にするための器具を利用するしかありません。
陰茎用インプラントといって、膨張式あるいは半固定可鍛性のプロステーシスを利用します。陰嚢内に設置された水圧ポンプを使って陰茎内にあるシリンダーを膨らませ、勃起状態を作りだすのは膨張式プロステーシス。ポンプを使わずに、柔軟性の劣るプロステーシスを移植して性行時に手で成形して利用するのが後者です。いずれも手術によって陰茎にプロステーシスを埋め込むので、自発的な勃起機能の回復見込みのないときに利用する方法と言えます。

シアリスのジェネリック医薬品として販売されているタダシップについて

インドのムンバイに本社を置くシプラ社が販売するタダシップは、タダラフィルを主成分とするシアリスと同じ効果のあるED治療薬です。シアリスのジェネリック医薬品として、インターネットの輸入代行サイトなどで安価で販売されているのを目にしたことのある方もおられるでしょう。このシプラ社は、インドでトップ3に入るほどの大きな製薬会社で、タダシップと同じくシアリスのジェネリック医薬品であるエレクタリスや、バイアグラのジェネリック医薬品であるシラグラやスハグラなども製造販売しています。

バイアグラはともかく、シアリスはまだ国際特許が切れていない医薬品なのにもかかわらず、ジェネリック医薬品がすでに製造販売されているわけです。その理由は、インドの特許法の基準が国際特許法と違うことにあります。そういうわけで、インド製のED治療薬のジェネリック医薬品がインターネットを介して日本でも手に入るという状況になっているわけですが、安いからと迂闊に手を出さない方が賢明でしょう。

タダシップ自体は、有効成分が同じなのでシアリスと同じ効果が期待できます。24~36時間という効果の持続時間も同じですし、副作用や併用禁忌の薬に関してもシアリスと同じなので、衛生管理が行き届いた本物であれば安全性や効果は問題ないでしょう。ただし、入手方法には多くの問題があります。日本でタダシップを手に入れるには、個人輸入かそれを代行する業者に依頼するかということになりますが、偽物が非常に多く出回っているので、手に入れたタダシップが本物かどうか素人にはわかりません。たとえ本物であったとしても、衛生状態の保証がないので、もし服用したことで体に異変が起きたとしても、日本で正規に認められた医薬品ではないため、なんの補償も受けられないことになります。

確かにジェネリック医薬品だけあって、タダシップはシアリスより安いのですが、以上のことを考えると危険が大きいです。たとえ医療機関の処方であろうと偽物である可能性は否定できないですから、日本国内での入手は避けた方がよいでしょう。

バイアグラの成分含有量には2種類ある

日本国内で製造されているバイアグラには、成分含有量が25mgのものと50mgの2種類があります。医師が処方する場合には、ほとんどの場合で50mg1錠を1回分としています。海外生産品には100mgのものもありますが、日本では認可されていません。25mgが処方されるのは、主にEDの症状が軽い場合や、副作用のリスクがある場合です。65歳以上の高齢者や肝臓や腎臓に疾患のある人には、最初は50mgではなく、まずは25mgで健康に異常をきたさないか様子を見るということも行われます。

副作用リスクがある場合には、25mg錠を処方されている人が、自分の勝手な判断で増量してはいけません。逆に50mg処方されている人が減量する分には問題はありません。50mgを半分に割って服用しても問題ありません。バイアグラを試してみて、25mgで充分な効果が得られたのであれば、医師に相談して25mgを処方してもらうようにしましょう。

このように、通常ではバイアグラは治療当初から50mgを処方します。高齢者の方や、肝機能障害、腎機能障害などを持っている人、エリスロマイシンやシメリジンなどの薬を服用している人は、25mgから使い始めることがあります。人によってはバイアグラの服用で重篤な副作用を引き起こすことがあるからです。こういった場合に25mgでは効果が得られなかったときには、医師に相談してみましょう。服用にあたっては、バイアグラの効能を妨げる行動はなるべくしないようにしましょう。たとえばアルコールの摂取のし過ぎや高脂肪の食事は避けましょう。性行為で満足できる結果を出すには、適度な運動も必要です。バイアグラだけに頼るだけでなく、適切な運動をしましょう。筋トレは男性ホルモンであるテストステロンを増加させるため、性行為をスムーズにします。また、腰痛などがあれば性行為自体が苦痛になってしまうこともあります。バイアグラの効果を充分に出せるように生活にも気をつけましょう。定期的に性行為を行うようにすることも重要です。

パルデナフィルを実際に使った人の声

パルデナフィルの効果は実際のところ、どんなものか?
実際に利用した方の声を集めてみました。

埼玉県Hさん 55歳
レビトラを服用しています。服用して20分程度で効果が出てその後5時間くらい持続します。もともと飲むようになったきっかけは、相手の相性によって起たないケースがあったからです。
緊張するのかわかりませんが、どうしても挿入できなくなるためもどかしい思いをしていました。また私の場合、長い時間挿入していたいタイプなので、途中で中折れするのは嫌でしたし、そういった経験もあったため購入をしました。
医師のところでは買ってません。副作用が不安でしたが特に病気もしていないし、薬も飲んでいないのでそれほど悪いことは起こらないだろうと考えてました。実際には頭痛が少しありましたが、最初だけでしたね。半錠で十分なので継続的に使っています。

東京都 Iさん 43歳
バリフを飲んでいます。1錠そのまま服用しています。バイアグラも以前飲んだことがありますが、バリフの方が硬くなりますし、空腹時に飲んだ方が調子いいですね。ただ薬自体との相性が悪いみたいで副作用が結構出ます。頭痛と鼻づまり、胸やけですね。正直、立つには立つけど、途中でセックスどころではないというのがあります。特に薬に弱い体質ではないと思うのですが…。ED薬は相性悪いです。

愛知県Oさん 57歳
医師の処方でレビトラを飲んでいました。ただ高いのといちいち病院に行かなければならないので不便さを感じていました。そこで通販でバリフを購入し、飲んだところ全然効き目が違ったんですね。価格も10分の1くらいだったし、お得感が全然違うし。それ以降病院には行かず、もっぱら通販での数か月分一括購入を利用しています。

大阪府Eさん 76歳
私は76歳ですが、さすがに年齢的な衰えが隠せず大好きな遊郭通いも控えておりました。ただ気持ちだけは先走るもので、どうしてももう一度一花咲かせたいとインターネットを利用し、パルデナフィルという薬剤にたどり着きました。バイアグラは気になっていましたが、こちらの方がどうやら効果がありそうで。ただ病院にいくのも気恥ずかしく、誘われるがままインターネットから注文しました。1週間ほどした後、郵便局から書留が届き、さっそく1錠試してみることに。そうしたらなんと、若いときのような元気さを取り戻したではありませんか。はてさて驚きました。
2日後に遊郭へいき、見事にやり遂げてまいりました。

特許期間中のシアリスに海外製のジェネリック医薬品が存在する理由

2003年に発売されたシアリスは、まだ国際特許の有効期間中であるため、本当なら世界のどこにもジェネリック医薬品が存在することはありません。しかし、インドの製薬会社からはすでにジェネリック医薬品が何種類も販売されています。インターネット上で見かけるシアリスジェネリックは、すべてこれらインドの製薬会社による製造です。「タダシップ」「タダリス」「タダリフト」「エレクタリス」「メガリス」といったところが、そのおもだったところです。

では、国際特許があるのに、なぜインドからこんなにたくさんのシアリスのジェネリック医薬品が販売されているのかですが、インドの特許法が国際特許と異なることに理由があります。インドでは、2005年に現行の特許法に改められるまで、物質特許が認められていませんでした。2005年から物質特許を定めた現行の特許法が施行されましたが、それ以前からすでに販売されていたジェネリック医薬品に関しては、例外が認められています。そのため、今もインド製のシアリスのジェネリック医薬品がインターネット上に多数出回っているのです。

日本には、海外製のシアリスジェネリックを輸入する正規のルートは存在しません。医療機関のなかには、「当院では正規の手続きを経て海外製品を輸入しています」などと謳って、シアリスジェネリックを処方しているところもあるようですが、すべて嘘だと思った方がよいでしょう。だいたいそんなジェネリック医薬品を正規に輸入するルートがあるなら、特許法の存在する意味がありません。海外から医薬品を処方目的で輸入することはあるにはあるのですが、それは、治療上の緊急性が高いことと、代替治療薬が国内にないことといった条件に限ってのことです。ED治療に緊急性はなく、代替治療薬どころかシアリスそのものが日本には流通しているわけですから、海外製のシアリスジェネリックを正規に輸入するということなどあり得ないのです。

海外製のシアリスジェネリックを服用したことで重篤な副作用が出たとしても、公的機関から援助は受けられません。国内で正規に流通するシアリス以外には、手を出さないようにしましょう。

バイアグラでどの程度の性行為が可能になるのか

バイアグラは精力剤ではなく、勃起不全の治療薬です。そのため、1回服用してどの程度の性行為が可能になるのかについては、それぞれの男性の生殖機能に依存していると言っていいでしょう。個人差はあるものの、バイアグラの成分は、服用してから約4時間ほどで血中濃度が半減します。だいたい2時間から3時間程度は効果が持続すると考えていいでしょう。勃起は性的に興奮することで起こり、射精によって解消されます。射精して解消されても再び興奮できれば、また勃起が得られます。健康な人や若い男性であれば、何回でも性行為が可能ということになります。ただ、EDを治療している人にとっては、薬効が持続している間だけ可能ですので、2回から3回くらいが限界であると考えられます。

バイアグラの有効率は約70%です。残りの30%の人には効果がありません。現在ではバイアグラ以外にも有効なED治療薬があります。基本的に、既往症や事前の健康チェックで問題がなければ、バイアグラがED治療では第一選択とされるケースがほとんどです。もしバイアグラではなく、他の治療薬を選択したければ、医師に相談してみましょう。

また、バイアグラと性行為の関連性でいうと、射精に影響はありません。射精と勃起のそれぞれのメカニズムは一体ではなく、それぞれに独立しています、バイアグラは勃起のメカニズムに作用します。バイアグラを飲むことで射精に対して影響を与えることは理論上は有り得ません。ただ、今まで勃起力が不足していることによってなかなか射精できなかった人の場合には、射精がスムーズの行えるようになったという印象を持つことはあります。ただし、これはバイアグラによって射精のタイミングが調整できたわけではありません。バイアグラは早漏や遅漏などの射精障害に対しては直接的な治療効果はありません。こうした障害のある人は、それぞれに治療を受けるべきでしょう。バイアグラに過度な期待を持つのは危険です。しっかりと薬効を確認しましょう。