シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

先発医薬品とジェネリック医薬品の違いをどう判断するか

医師の処方が必要な医療用医薬品には、新たに開発・製造される先発医薬品と、その特許が切れてから他の製薬会社が同じ成分を用いて製造する後発医薬品があります。この後発医薬品が、一般に言われるジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は厚生労働省に認可された医薬品で、先発医薬品に含まれる成分と同じ成分が同量含まれており、効果も同等のものが得られるというお墨付きがあります。

医薬品の開発には10年以上の長い年月と莫大な費用がかかります。医薬品として認可されるまでには、安全性と効果が十分に確認されるまで、何度も臨床試験を重ねなければならないので、さらに時間と費用がかかります。そのため、市場に下りた新薬は、そのコストを回収するべく高額になるのです。その点、ジェネリック医薬品は、先発医薬品ですでに安全性と効果が確認されているため、製造から販売に至るまで、時間も費用も大幅に削減することができます。そのため、ジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べ、何割も安価で販売することができるのです。

ED治療薬で最初に特許が切れたのがバイアグラです。バイアグラのジェネリック医薬品は、2014年5月から日本でも販売されています。バイアグラの主成分であるシルデナフィルを用いたED治療薬は、各製薬会社からいくつも販売されていますが、そのどれにもバイアグラと同等の効果が期待できるということです。医療費の負担を抑えたい国としても、国民にジェネリック医薬品を使うことを推奨しているぐらいですから、現在は、以前より安価かつ手軽にEDを改善できる可能性が広がっています。

ただ、ED治療は自由診療で健康保険が利きません。健康保険の適応対象の生活習慣病の薬であれば、ジェネリック医薬品に切り替えることでコストを大きく削減することが期待できますが、ED治療の場合、診療費の占める割合が大きいので、先発医薬品とジェネリック医薬品の価格差はさほど医療費を左右しないという見方も可能です。したがって、価格差を優先するのか、今まで使ってきたという信頼性を重視するのかは、患者さん個々で判断がわかれるところです。

当ブログサイト シルデナフィル通販のページはこちらをご覧ください。

 - バイアグラ