シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

シアリスは効果がゆっくりな分、処方できる人の範囲が広い

ED治療薬は処方できないケースもそれなりにありますが、シアリスはバイアグラ、レビトラと比べると効果がじわじわと効いていく分、体への負担も小さく、処方できるケースが多いです。ただED治療薬と併用してはならないことで有名な硝酸薬に関してはシアリスといえど例外ではないので、絶対に併用しないように気をつけてください。

たとえば不整脈にかかっている人の場合ですが、シアリスなら医師に管理されている状況であれば処方することができます。不整脈というのは心臓の動きが乱れている状態のことです。もちろん運動したり、お酒を飲んだりした後に心臓の動きが活発になるのは当然のことなので、平常時に心臓の動きが活発になったり、逆に動かなくなったりする時に注意が必要です。心当たりがあればED治療薬を飲む前に病院にかかるようにしましょう。

それからシアリスは抗真菌薬と併用しても問題ありません。抗真菌薬というのは真菌を育たないようにする薬のことで、主に皮膚科で利用されています。レビトラの場合、一部の抗真菌薬との併用が認められていません。またHIVの薬に関してもシアリスとの併用はOKですが、レビトラは不可となります。

心筋梗塞、脳梗塞の既往歴があっても発症直後でなければシアリスを服用することができます。具体的には発症から半年以上経っていれば大丈夫です。また低血圧や高血圧に悩んでいる場合も、医師の管理を受けていれば問題ありません。

血液透析を受けている場合は用量の少ない錠剤にするか、錠剤を割って服用すれば問題ありません。いずれもシアリスを多く摂取しないための方法ですが、なぜこのようなことをするかというと、血液透析を受けている時にシアリスを服用すると効果が大きく増大するからです。シアリスには5mg、10mg、20mgの錠剤がありますが、10mg、20mgの錠剤を服用しても問題が起こらない場合は10mg、20mgをそのまま使うこともあります。

 - シアリス