シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

バルデナフィルの知っておくべき副作用

ED治療にはバルデナフィル系のレトビアやシルデナフィル系のバイアグラ、それにタダラフィル系のシアリスが有効だとされています。これらは基本的に血管の緊張を解し、スムーズに拡張させて、それで血流を無理なくアップさせる効果をもっています。その為に陰茎の海綿体に血液が集中しないEDには適した治療薬なのです。最近はネットでも個人輸入が出来て、比較的に格安でお手軽に手に入る様になってきました。ED治療なんて恥ずかしいと思っている方や、面倒だと気後れしている方にはまさに助け舟だと言えるでしょう。

しかし、特効薬には副作用も付いてくる場合があります。バルデナフィル系の薬には、頭痛やほてり、発熱などの副作用が度々報告されています。これはバルデナフィルが血管拡張の働きをする事で起こる症状です。ですが薬の効き目が弱まる頃には治まるので、それほど心配はありません。他には一時的な視覚異常が起こることがあります。目がチカチカしてまぶしいとか、景色全体が青味がかって見える場合もあります。この様な異常視界や急激な視力低下が出た場合は、すぐに服薬を辞めて病院で診察を受ける様にしましょう。

それから、重い副作用としては持続勃起症を起こしたケースが報告されています。これは長時間勃起状態が続き、腹痛を起こす事もあります。それから硝酸薬との併用で、急激な血圧低下になる危険もあります。酷い場合では陰茎組織損傷や勃起機能の喪失に至るケースもあって、処方通りに使用する様におすすめします。

EDの若年化は食習慣も大きく関係していて、ジャンクフードやファーストフードにインスタント食品の常食で、不純物としての添加物の大量摂取が原因していると言われています。これは血管の酸化・老化を促進し、血流を悪化させる作用があります。勃起はまさに血流の産物で、健康な血管でなければ十分な勃起を得る事が出来ません。ストレスや睡眠の不規則化もあるでしょう。ホルモンのバランスが乱れても血管の委縮は起こります。ですからED治療は薬と併用して日常生活の見直しも大事なポイントになります。

 - レビトラ