シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

タダラフィルは勃起不全治療薬シアリスの有効成分

タダラフィルは長時間型のホスホジエステラーゼ5阻害剤で、勃起不全治療薬のシアリスに含まれる有効成分です。シアリス5mgやシアリス10mg、シアリス20mgのように呼び名が変わるのは、タダラフィルという有効成分がどのくらい含有されているのかによる違いです。勃起不全治療薬としては、バイアグラやレビトラが知られていますが、シアリスはそれらに続き日本で承認された勃起不全治療薬です。ちなみにバイアグラであれば有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩が含まれており、レビトラには塩酸バルデナフィル水和物が含有されています。

シアリスに含まれる有効成分のタダラフィルは、勃起を阻害してしまうホスホジエステラーゼ5と呼ばれる物質の効果をを抑制する働きがあります。これにより海綿体の血流を改善させ勃起する働きを促す効果を発揮させるのです。またタダラフィルは水に溶けないため、食事をしても影響を受けることがほとんどないと言われています。それから長時間有効性が持続することが認められていて、これらのことから男性の勃起不全改善薬として高い人気があります。ちなみに20mgでは服用後36時間まで有効性が認められています。

このように勃起不全治療薬シアリスの有効成分になっているタダラフィルですが、前立腺肥大の治療薬として認可されたザルティアや肺高血圧症治療薬として使われていたアドシルカの有効成分でもあるのです。つまり、前立腺肥大の治療薬「ザルティア」、肺高血圧症治療薬「アドシルカ」という商品名なのです。そこで前立腺肥大の治療薬や肺高血圧症治療薬を服用している方は、有効成分が勃起不全治療薬と同じタダラフィルなので心配になることも考えられます。しかし、勃起関連の副作用が起こる頻度は1%未満ですし、タダラフィルが勃起不全治療として効果を発現するためには性的刺激が必要なので心配することはありません。ただし、稀に持続勃起症が起こる可能性があって、すみやかに処置をしないと組織の損傷や勃起機能を永続的に損なうことになります。勃起が4時間以上持続するような症状がある場合には、直ちに病院を受診して診断を受けることが大事です。

当サイト内の記事シアリス通販のページはこちらをご覧ください。

 - シアリス