シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

バルデナフィルの併用禁忌薬

バルデナフィルはレビトラの主成分ですが、もしその他の病気の治療などで常用している薬があれば、もしかすると服用できないケースが出てきます。バルデナフィルにはいくつか併用禁忌薬がありますので、注意しましょう。

まず硝酸剤を使用している人は、絶対にバルデナフィルを使用すべきではありません。これは飲み薬以外にも、貼り薬や吸入剤、塗り薬などでも該当します。スプレータイプのものでもNGとされていて、硝酸剤全般がダメと思いましょう。硝酸剤とバルデナフィルを一緒に服用すると、血圧を異常なレベルまで低下させる恐れがあります。最悪死に至る可能性もありますから、硝酸剤を使っている人は絶対にバルデナフィルの含まれた医薬品を使用すべきではありません。

抗ウイルス薬を使っている人も、NGになります。抗ウイルス薬とバルデナフィルを併用してしまうと、バルデナフィルの血中濃度を必要以上に上昇させる恐れがあるからです。HIVに罹患していて治療薬を服用している人も、バルデナフィルとの併用は禁止されているので覚えておきましょう。さらには抗真菌薬に関しても、併用禁忌薬に含まれます。身近な病気としては、水虫があります。もし水虫に罹患して治療薬を使用している場合には注意が必要です。ただし抗真菌薬の場合、内服だけが併用禁忌薬です。塗り薬などであれば、併用しても問題はありません。こちらもバルデナフィルの血中濃度を異常に上昇させてしまう恐れがあります。

不整脈を発症していて、治療薬を使用している場合も、バルデナフィルの使用はNGになると思いましょう。バルデナフィルと併用すると、心臓の動きに異常をきたす恐れがあり、突発的な事態を引き起こす可能性があるためです。慢性血栓塞栓性肺高血圧症に関する治療薬とバルデナフィルも併用すると危険とされます。症候性低血圧を引き起こす可能性があるからです。もし常用している薬があれば、主治医に使用しても問題ないか確認しておくと安心です。

当サイト内の記事レビトラ通販のページはこちらをご覧ください。

 - レビトラ