シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

バルデナフィルと食事の影響

レビトラの特徴としてしばしば指摘されることに、「レビトラは食事の影響を受けない」というものがあります。しかし厳密にいうとこの表現は間違いです。食事の影響を多少は受けます。ある一定の食事量であれば、それほど深刻な影響を受けるわけではありません。

レビトラを販売しているバイエル薬品の資料によると、「標準的な食事であれば効果に悪影響を及ぼさない」といった内容が記載されています。では「標準的な食事」というのは、どのようなものでしょうか?バイエル薬品ではその定義として、総エネルギーに対する脂肪の割合が30%以内であることとしています。栄養学の観点から見ると、標準的な食事は1回当たり700キロカロリー程度が目安になるといいます。その30%以内ですから、210キロカロリー以内に脂肪を抑える必要があります。ちなみに脂肪1g当たりのカロリー量は9キロカロリーです。つまり23gちょっとまでであれば、標準的な食事の条件を満たすと判断されます。

外食で見てみると、肉料理を食べるとこの条件を超える恐れがあります。特にハンバーガーとか牛丼の大盛り、生姜焼き定食のような類は脂質の占める割合が少し高いです。レビトラを服用する際には、なるべく肉料理、脂っこい料理は避けた方が賢明といえます。特にハンバーガーの場合注意しないといけないのは、セットでポテトフライがついてくることも多い点です。ポテトフライは揚げ物で、さらに脂質の量が増えてしまいます。

ただし制限内の食事であっても、多少の影響が出る可能性のある点はあらかじめ理解しておきましょう。ちなみにレビトラの主成分はバルデナフィルと呼ばれるものです。バルデナフィルの特性として、お腹の中に食事の入っていない状況の方が、よりスムーズに吸収されることがわかっています。すぐにベッドインするシチュエーションで、早くバルデナフィルの効果を引き出したいのであれば、あまり食事はとるべきではないと思ってください。

当サイト内の記事レビトラ通販のページはこちらをご覧ください。

 - レビトラ