シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

ED治療薬購入方法

*

タダラフィルとはどのような薬なのでしょうか?

タダラフィルとは、ホスホジエステラーゼ5阻害剤に分類されるED(勃起不全)治療薬で、日本においてバイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)に続き3番目に使用可能となった薬です。2005年9月に厚生労働省に対して承認申請が実施されて、2007年から日本イーライリリーから販売されました。その後の2009年7月からは日本新薬へ発売が移管されて、イーライリリーが製造販売で日本新薬が発売することになっています。

男性は海綿体に血液が流れ込むことにより勃起しますし、海綿体にその血液が留まっている間は勃起が持続します。しかし、ずっとそのままの状態では困るので、男性の体には勃起を解除する仕組みが備わっています。その勃起を解除する働きをするのがホスホジエステラーゼ5という酵素で、活性化することにより海綿体の血液を解放して勃起が解除されるのです。普通は射精後や性的刺激がないまま放置されるとホスホジエステラーゼ5の作用で勃起が解除されます。ただ、体がストレスを感じたりしてもホスホジエステラーゼ5が活性化して勃起を解除するよう働くことがあります。

勃起不全を起こす人は、ホスホジエステラーゼ5がすぐに活性化することが原因として考えられています。タダラフィルは、この勃起解除に関係するホスホジエステラーゼ5の働きを阻害することで勃起を持続しやすくするのです。またタダラフィルには、24時間以上の作用持続時間がある、食事の影響を受けにくいと言った特徴がありますし、副作用が出る割合をみても他の勃起不全治療薬より少ないです。

しかしタダラフィルは、服用した本人の性欲が高まることに伴い海綿体の血流を増やすことで勃起する仕組みです。つまり、性欲の高まりがない場合には効果が現れませんし、本人の意に反して勃起しっぱなしになることはありません。あくまでも海綿体の血流を増加させて硬さを保つだけであって、性欲増加作用に関してはタダラフィルにはないのです。

当サイト内の記事シアリス通販のページはこちらをご覧ください。

 - シアリス